国際配送割引キャンペーン中、代理購入サービスBuyee
RAGTAG
womenrelax

夏を快適にしてくれる上質リラックス服

今年も暑い夏がやってきました。
夏はどうしてもコーディネイトがシンプルになりがち。
でも取り入れるアイテムにこだわれば、プレーンな組み合わせも
不思議とこなれた印象に見えてくる。
そんなわがままを叶えてくれるブランドをピックアップしました。
ぜひご覧ください。


 jamesperse

JAMES PERSE

アメリカ・ロサンゼルスのカジュアルブランド。
デザイナー、ジェームス・パースの故郷アメリカ西海岸の
温もりあるライフスタイルを感じられる、
ハイクオリティーなウェアを作ることで有名。
中でもブランドの定番アイテムであるカットソーは、
シンプルながらカジュアルさとラグジュアリーな雰囲気を兼ね備え、
着るほどに味わいを増しながら、女性らしさを引き立ててくれる。


Vince.

Vince.

2002年創業、アメリカのライフスタイルカジュアルブランド。
コンセプトは
「モダン、クリーン、コンテンポラリー、エブリデイラグジュアリー」。
シンプルなようでディティールにデザインが施され
カジュアルな中にも洗練された空気感を持つ。
上質な素材・美しいシルエットで、毎日着たくなるような着心地の良さが評判。
飾りすぎず、さりげなく毎日おしゃれを楽しみたい
大人の女性におすすめ。


 yando

YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE

“Mr.Young(ヤング)とMs.Olsen(オルセン)という
アメリカ人とフランス人の若い男女が切り盛りする小さな架空のショップ”
というユニークなコンセプトを持つブランド。
「FilMelange」や「SUN/kakke」のデザイナーとして活躍した
尾崎雄飛が2015年にスタート。
架空の“二人”はヴィンテージの物が大好きなため、
マニアックなほど細部にヴィンテージヘのオマージュが施されている。
質の良さにも定評があり、柔らかな着心地からは
作り手の愛が感じられ、
長く大切に着ていきたいと思えるようなアイテムが揃う。


ORCIVAL

ORCIVAL

1939年にチャールズ・バルトがフランスのリヨンでスタート。
フランス海軍に制服としてマリンTシャツを提供していた歴史を持ち、
ボーダーのカットソーは今でもブランドの顔。
中でもブランドを代表する“バスクシャツ”と呼ばれるカットソーは、
特殊な糸で編まれた軽くて丈夫な生地が特徴。
現在ではボーダーアイテムの他にも
質の高いカジュアルアイテムを展開しており、
トレードマークの蜜蜂マークと共に幅広い世代から愛されている。


 saintjames

SAINT JAMES 1.

フランスを代表する、大人の普段着に欠かせない老舗カジュアルブランド。
ボーダーの入り方、色、ネックの形など、バリエーションは無限大で、
その着心地の良さも相まって、何着も集めたくなる魅力がある。
ブランドを一躍有名にしたのは、
地厚なコットン生地を使用した
ボートネックのボーダーカットソー“バスクシャツ”。
少しゆったりめのサイズ感で、ゆるめのデニムやチノパンとコーディネイトすれば、
こなれたフレンチカジュアルスタイルが完成する。