キュンとする夏。新しい日本の夏。【 Contre-Allee コントレアリー】







いつもブログをご覧いただきありがとうございます。









気がつけばもう7月



本来であれば2020年東京オリンピックの



聖火ランナーが国内を走行しているはずで



ありましたが来年に持ち越しとなりました。









ただ、良い意味でしっかり準備が出来そうなので





私も来年に向けて調整をしていきます。 









そんな日を追うごとに夏を感じる昨今。





夏ファッションといえば何を





思い浮かべますでしょうか?













Tシャツ。もちろん。正解。







ショートパンツ。当然正解。







水着。大大大正解。







サンダル。もちろん外せません。







ローファー。







あら。お客さま。通ですね。









そんな今回はこちらをご紹介です。









410FF59A-9F37-41CC-93DE-B6F8804F06A6.jpeg







【 Contre - Allee 】







モロッコの職人が一足一足丁寧に作成した





職人の温かみを感じられるシューズブランド





各セレクトショップでも取り扱いがある





【 今旬 】なブランド。【 コントレアリー 】





さて、ここまでは一般的なブランドの





紹介かなと思いの方ここからが必見。







まずはその華麗なフォルムから見て参りましょう。









C4F64FC8-5FE7-4902-9EE3-BC4DF18C4E9F.jpeg









Contre - Allee / ¥18,400(税込)/サイズ 39

オンラインショップで見る





そう、これこそが夏のローファー。





48D4848B-8472-4498-A121-15AFF1B7CD9B.jpeg





端正な横顔も是非ご覧ください。



76B7283B-4BF7-4C8C-BB6F-21CB9FA7EC3F.jpeg





もちろん逆サイドも。







E787174F-83A0-4B9D-9E33-B504D7C43204.jpeg







さて、アップしていくとその素材の全貌が



明らかになってきました。



見た目にも涼しげなこちら【 ラフィア 】を



使用したエキゾチック感並びに



リゾート感溢れる一足。







 

 

 

43A6152F-F397-460E-82D3-5B4F3F8F86BF.jpeg







【 ラフィア 】= 【 ヤシの葉 】





聴き馴染みのあるアイテムで行くと



 

ラフィアハット



ラフィアバッグ

 



 

ラフィア椰子の葉から取れる天然繊維。



固い葉を幾度となく蒸して柔らかくし



内部の柔らかい繊維部分を手作業で取り出す



何とも手間のかかる作業を重ねて重ねて...



汚れなどの付着物を洗って洗って...

 



均一な糸になる様に割いて割いて...





職人さんに感謝感謝です。

 







 

810732AB-AB30-4C9C-9A5D-AAF3B7023E6F.jpeg







更に裏面はをしっかりとしたレザーソール



に仕上がっている事にもう脱帽です。



 

これにより固いジャケパンスタイルを一新







 

B9B89673-0755-46AF-AFA7-9BEE7CEF93B5.jpeg







そんな手間ひまかかった一足。



後ろ姿もどうぞ見てやってください。







 

349B8748-C46C-4CEB-9ACB-A8457AE35B55.jpeg







スラックスとの合わせはもちろん



デニムにショーツに



画像の様にスタイリッシュな着こなしも



気合を入れればスーツにも行けてしまう?







 

1FE1990F-E262-446B-A9B2-863BFD734579.jpeg





小洒落た袋も付いております。





 

B7E40E57-C562-418D-84BE-F57EDA8C81E2.jpeg







イベント事目白押しの7月。



中止、延期になってしまったもの幾つか



ございますが...





 

 

様々な取り組みで新しい日常が始まっています。



そして



様々な感染予防対策を実施している店舗も見かけます。



たまには外の空気を吸いに行くのも



また新しい発見があります。



新しい靴を履く楽しみもたまには良いのでは?

 



そんなお供にぜひ。