【GUCCI】が作り出すリラクシングなスラックス

こんにちは!

梅田店の石田です。

気づけば10月も終盤に差し掛かり、冬本番の気温になってきましたね。

今回は、コートやアウターで暗い色味になりがちなコーディネートにひと味違う印象を与えてくれるスラックスをご紹介します。

まずはこちら!

IMG_3095.JPG

IMG_3097.JPG

GUCCI/¥46,300(税込)/サイズ:46(M位) オンラインショップで見る

2018-19秋冬シーズンのコレクションピースでもある、ハウンドトゥースチェックのスラックス。

「ちょいださ」なオーセンティックスタイルに、デザイナーのアレッサンドロ・ミケーレ氏の遊び心あるエッセンスが加えられたウェアが目立ったシーズンでした。

ウール、ナイロン、カシミヤの混紡素材で立体感が出る程良い硬さと分厚さが特徴的です。

IMG_3081.JPG

2タックの仕様になっており、ウエストからもも周りはゆったりで、裾に向かってテーパードしているシルエットです。

また、股上が深く足長効果も期待できるデザイン。

IMG_3085.JPG

ベルトループはついていないデザインで、代わりに両サイドにアジャスターが施されています。

コインポケットにもフラップが取り付けられているので、上品な仕上がりに。

着丈の短いニットやカットソーをタックインしてコーディネートしていただきたいです。

またオーバーサイズのダブルブレストジャケットなどと合わせても抜け感があってグッチらしい着こなしが出来ます。

続いてはこちら!

IMG_3092.JPG

IMG_3090.JPG

GUCCI/¥26,200(税込)/サイズ:46(M位) オンラインショップで見る

2016‐17秋冬シーズンに発表されたガンクラブチェックのワイドスラックス。

アメリカン・ヴィンテージの要素を取り入れたシーズンテーマで、

「ガンクラブ」とは米国の狩猟クラブのメンバーが好んで着ていたことからこの名前がついたそう。

ノータックのストレートシルエットで、下までストンと落ちるよう作られています。

IMG_3093.JPG

ポケットが取り付けられていてもチェックの柄がずれないように作られているのが見受けられます。

また、ポリエステル系の素材が入っているので表面が起毛しております。

この起毛感が、シルエット、柄の良さをより引き出しています!

オーバーサイズのニットに敢えて足元はローテクスニーカーなどを合わせてみてはいかがでしょうか?

いかがでしたでしょうか。

今回紹介した【GUCCI】のスラックス以外にも柄物でリラクシングな雰囲気のパンツが沢山ありますので、是非お立ち寄りください。

みなさまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。