【sacai】冬を彩るこだわりのコート

みなさん、こんにちは

ルクアイーレ店の服部です。

ここ数日は気温が一気に下がり、本格的に冬の寒さを感じる日が続きますね。

12月も半ばになり、もう冬物のアイテムを買い揃えられた方も多いのではないでしょうか。

今回は今世界中で高い人気を誇る、ドメスティックブランド「sacai」から

オススメのアイテムがルクアイーレ店に入荷いたしましたので、ご紹介させていただきます。

IMG_7698.JPG

IMG_7700.JPG

sacai/¥74,800(税込)/サイズ2(M位)オンラインショップで見る。

IMG_7701.JPG

ここ数年でメンズ、レディース問わず多くのファッショニスタを中心に支持されているブランドです。

デザイナーの阿部千登勢氏は

COMME des GARCONSでニットのパタンナーとして活動していたこともあり、

ベーシックなアイテムの中に遊びとひねりを加えたパタンニング、

独自の素材使いが特徴的です。

今回ご紹介させていただくこちらのコートは、2020年の春夏に展開されました。

Mサイズとありますが、生地の分量をかなりたっぷり使い、

トレンド感のあるビックシルエットに構築されています。

コレクション時のテーマとして、

「男性のための新たな日常着」を掲げていました。

メンズならではの「タキシード」や「ネクタイ」といったドレスライクなアイテムをベースに、

「sacai」の世界観を注ぎ込んだアイテムは人気を博し、

ショップでも品薄状態のアイテムが多くあったシーズンです。

表面から見ると、ゆったりとしたステンカラーコートといった印象ですが、

IMG_7707.JPG

フロント比翼部分を開けると、一つ一つデザインを変えたボタンが顔を覗かせます。

IMG_7706.JPG

軍物やドレスアイテムなど、

様々な洋服に施されるボタンが落とし込まれており、遊び心を感じさせます。

IMG_7708.JPG

IMG_7710.JPG

IMG_7711.JPG

またサイド部分はスナップボタンが施されているうえ、

背面部分にもステッチが手掛けられています。

本来であればオーバーサイズなアウターかつ

ハリのあるコットン生地を採用していると、

表面がダボッとしてしまうことが懸念されるのですが、

サイド部分の生地の分量をプラスし縫製を行うことで

着用時生地に立体感が生まれ、野暮ったさを軽減する配慮がなされています。

着こみ具合などによる細かなシルエット調整も、

サイドのスナップで行えるため、生地の動きやドレープ感も楽しんでいただけます。

IMG_7704.JPG

IMG_7702.JPG

首元には保温性を保つ着脱可能なチンストラップ、

そしてシーズンテーマを象徴するかのように、

ボウタイが施され、ドレス感も崩しません。

今の寒い時期などは、中にダウンベストやハイテク機能のライトアウターなどと重ね着したりと、

インナーの選択肢も豊富で、デイリーユースにオススメのアイテムです。

いかがでしたでしょうか?

私も本日、「sacai」のジャケットを用いてコーディネートしてみました。

IMG_7675.JPG

IMG_7712.JPG

IMG_7683.JPG

ジャケット:sacai

ベスト:N.HOLLYWOOD

パンツ:UNDERCOVER

シューズ:Dr.Martens

表面生地を解体した、英国調のテーラードジャケットと、

近未来感を感じさせる素材使いのカーゴパンツと合わせ

パンクテイストにコーディネートしてみました。

「sacai」のアイテムは替えの効かないデザインが多く、

他のブランドには出せない世界観を楽しめるため、

是非袖を通して良さを感じていただきたいブランドです。

他にも豊富なブランドアイテムを多数、取り揃えておりますので、

是非、店頭にお越しくださいませ。

みなさまのご来店、心よりお待ちいたしております。