帽子で季節感と一癖のアクセントを

みなさん、こんにちは

ルクアイーレ店の吉田です。

いつもショップブログをご覧いただき、ありがとうございます。

12月になり、本格的な寒さと、街中の街頭が色鮮やかにライトアップされ、

今年も冬の訪れを感じますね。

クリスマスも近く迫った今回は、

プレゼントにも最適な、ルクアイーレ店おすすめの帽子をご紹介させていただきます。

まず一点目はこちらです。

IMG_7629.JPG

KIJIMA TAKAYUKI/¥9,900(税込)サイズL オンラインショップで見る。

IMG_7633.JPG

日本が世界に誇る帽子メーカーブランドであり、

一点一点職人の手で作られるアイテムは、幅広い年齢層の方に愛され続けています。

こちらはミリタリーアイテムとしても有名な、パイロットキャップをベースにしているのですが、

上品で高級感を感じさせる、少し光沢感のあるメルトンウールが用いられています。

今はもちろん、これからより寒くなった際にもお使いいただける、高い保温性とが魅力です。

IMG_7632.JPG

また、パイロットキャップの特徴的なディテールである、

耳元の垂れ下がったようなディテールは

元々、飛行機を操縦するパイロットが機体を上昇させる際の気圧の変化による、

鼓膜への負担を軽減させるためのもの。

本来は耳部分が大きくつくられるのですが、

タウンユースに馴染むよう、あえて短くデザインされています。

そしてスナップボタンで耳部分を止めることができるよう工夫が施されています。

IMG_7631.JPG

IMG_7634.JPG

ちらりと顔を覗かせる、ポリエステル生地を用いたフェイクファーも、

あくまで主張しすぎず落ち着いたトーンで施され、

今冬おすすめのアイテムです。

同素材のコートと合わせ統一感を出したり、

ミリタリーやストリートにスタイリングしても、楽しんでいただけるアイテムです。

2点目はこちらです。

IMG_7636.JPG

Brooks Brothers/¥3,600(税込) オンラインショップで見る。

落ち着いたネイビーカラーに暖色の格子柄がアクセントとなるハンチング帽です。

IMG_7640.JPG

以前イギリスの富裕層の間では、シルクハットが主流だったのですが、

生活様式の変化に伴いハンチングが流行しました。

狩猟など体を動かす際に動きやすく、

帽子がずれ落ちないよう、背面を目深に作られたのがハンチングの起源と言われています。

上質なカシミヤを100%使用し、気品を感じさせる滑らかな起毛感が特徴的なアイテムです。

IMG_7641.JPG

冬場はトレンチコートやチェスターコートなど、アウターの生地の分量が多くなり、

コーディネート時の配色やバランスに悩まれる方も多いのではないでしょうか。

そういった際にも帽子で、アクセントを効かせてはいかがでしょうか?

本日は私も、コーディネートにハンチングを取り入れてみました。

IMG_7601.JPG

ハンチング/SOLARIS&Co.

レザー素材のハンチングをポイントに。

異なる素材や色柄のアイテムが入ることでコーディネートがぐっと華やかになります。

他にもおすすめの商品を多数ご用意しておりますので

是非、ルクアイーレ店にお立ち寄りください!

みなさまのご来店をお待ちしております。