《ALDEN》男を魅了するコードバン

こんにちは、RAGTAG名古屋パルコ店の後藤です。

本日ご紹介するのはこちらのブランド

ALDEN 革靴

《ALDEN/オールデン》

1884年マサチューセッツ州のミドルボロウで、チャールズ・H・オールデン氏により創業されたアメリカントラッドを語る上では欠かすことのできないブランド。

ただトラディショナルなだけではなく、快適な履き心地までも追及し作られるALDENの革靴は「アメリカ靴の王様」と称されています。

日本ではOEMを手掛けていたブルックスブラザーズのローファーから火が付き人気が広がったと言われています。

今回は、ALDENの中でも特に人気の高い「コードバン」のモデルについてご紹介させていただきます。

ALDEN 革靴

54321 Vチップ コードバン ¥59,900(税込)/サイズ 7

オンラインショップで見る

1963年に誕生し、オールデンのフェイスモデルとして長年親しみ続けられてきたVチップ。

オールデンファンの方にはもちろん、ファーストオールデンにもおすすめです。

ALDEN 革靴.JPG

アッパーにはホーウィン社製の最高級シェルコードバンを使用。

そもそも「コードバン」とは、農耕馬の腎部(お尻の部分)から採られた皮革のことを言います。

一頭から採れる量が極めて少なく、その希少価値の高さや美しさから「革のダイヤモンド」とまで言われる高級革です。

特にALDENの採用するホーウィン社製のコードバンは牛革には出すことのできない艶と質感を誇り見る人を虜にする魅力を持っています。

ALDEN 革靴

コードバンの最大の特徴は独特の「艶感」と「皺の入り方」。

スウェードのように毛羽立っている表面をこすることで寝かせ平らにしているため、「独特の艶感」が生まれます。

また革の鞣しと仕上げは純天然植物タンニンで手作業にて行われており、5ヶ月をかけて全行程が行われます。昔から変わらない伝統的な製法を守り続けていることからも、古き良きアメリカのモノ作りへのこだわりを感じますね。

ALDEN 革靴.JPG

傷が入ったり、色焼けが起きたり、履けば履くほど、磨けば磨くほど、自分だけの一足になる「経年変化」を楽しめることがALDENの真骨頂。

(男性は経年変化という言葉に何だか惹かれますよね。

ALDEN 革靴

バーガンディのカラーも上品な雰囲気で大人の色気を感じさせてくれます。

ALDEN 革靴

木型には「モディファイドラスト」と呼ばれるALDEN独自の木型を採用。

土踏まずをサポートするアーチフィッティングが特徴的で、日本人の足型に合う木型として別注も多く展開されています。

吸い付くようなフィット感は、まるでビスポーク靴のような完成度の高さで、イギリスやイタリア靴にはない独特な感覚があり、また他のシューズブランドを寄せ付けない、快適な履き心地を味わうことができることから、リピーターが非常に多い人気ラストです。

ALDEN 革靴

Vチップならではのスーツスタイルはもちろん、カジュアルなジャケパンスタイルにも対応できる汎用性の高さは、コーディネートにワンランク上の上質さをプラスしてくれます。

洗練された存在感を持ちながらも、幅広く対応できる懐の広さが大人たちに支持されているのですね。

ALDEN 革靴

またグッドイヤーウェルト製法、FOOTBALANCE社製のアーコヒールなど、リペアして長年履くことができる点も実用性があり、人気の理由と言えます。

他で味わうことのできない美しさと堅牢な作りは靴好きを唸らせること間違いなしのALDENの革靴。

是非、店頭で実際にお試しください。

みなさまのご来店心よりお待ちしております。