《clarks×Supreme》私の定番「clarks」

こんにちは、RAGTAG名古屋パルコ店の後藤です。

本日は前回のブログでもご紹介いたしました《clarks》についてご紹介させていただきます。

「またclarksか」とお思いの方も、すこしの間お付き合いください。

何度も紹介したくなるほど、おすすめな「私の定番」ブランドなのです。

まずは簡単にブランドのご説明を。

《clarks》

1825年、イングランドでサイラスとジェームスのクラークス兄弟により設立されたシューズブランド。

創業195年を超える歴史を持ち、英国の伝統工芸が魅せるクラシックなシューズ作りを守りながらも、革新的なテクノロジーでより上質なフットウェアを作り続けています。

Supreme

今回ご紹介するのは、キングオブストリート《Supreme》とのコラボレーションモデル。

Supreme×clarks ブーツ

¥19,600(税込)/サイズ:9(27㎝位)

オンラインショップで見る

2018年に発売されたこちら。

注目ポイントは採用のモデル。

「WEAVER/ウィーバー」というモデルを採用しています。

《clarks》と言えば「ワラビ―」、「デザートブーツ」といったアイコンモデルが人気ですが、「ウィーバー」も非常におすすめです。

Supreme×clarks ブーツ

モカシンとデッキシューズを足して2で割ったような特徴的なデザイン。

Supreme×clarks ブーツ

「ワラビ―」のトレードポイントであるモカシン製法を継承。

つま先からかかとまでアッパーサイドをモカ縫いで表現したユニークなデザインが唯一無二。

足を包み込むような極上の履き心地が《clarks》の魅力の一つです。

Supreme×clarks ブーツ

Supreme×clarks ブーツ

起毛感のある、しっとりとした手触りのスウェード素材をメインに、表革とのコンビにすることで、上品でクラシックな雰囲気を醸し出します。

Supreme×clarks ブーツ

ソールは厚みを持たせたクレープソール。《clarks》の定番で長時間履いても疲れにくく、快適な履き心地を実現する重要なポイントです。

またこのクレープソールがカジュアルスタイルに、はまりやすいバランスを保ってくれています。

Supreme×clarks ブーツ

カラ―はグリーン。

コーディネートのアクセントとして活躍間違いなしです。

インラインでは見かけないカラーリングなので、人と被りたくないという方におすすめです。

Supreme×clarks ブーツ

ヒールサイドには《Supreme》のロゴが。

さりげない特別感が嬉しいポイントですね。

clarks ブーツ

Shoes:clarks

スニーカーの代わりに履くだけで、大人っぽい雰囲気をプラスできる点が魅力的です。

オーセンティックかつ、スニーカー以上革靴未満の良い塩梅のデザインで、様々なコーディネートに溶け込む《clarks》。私も3足所有していますが、どれも大活躍しています。

トレンドが移り変わっても足元を支えてくれる信頼のブランドです。

オーセンティックなデザインでトレンドに左右されない永遠の一足。

是非、実際にお試しください。

みなさまのご来店心よりお待ちしております。