《Maison Margiela》STEREO TYPE BACKPACK

こんにちは、RAGTAG名古屋パルコ店の後藤です。

ここ最近は、春並みに暖かくなったかと思えば、雪が降るほど寒くなるなど寒暖差が激しいですね。

購入した春服を早く着たいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

突然ですが、みなさんは購入した洋服は、「すぐ着たい派」ですか?

それとも「着るのを楽しみにとっておく派」ですか?

私は断然「すぐ着たい派」です。

そして、先日ふと思ったのが「そういえば、バックパックをしばらく買い換えていないな。」ということ。

「しかもバックパックなら買ってすぐ使える。」ということに気付き、すぐ購入しました。

今回のご紹介は、私と同じように「買ったらすぐ着たい派」の方必見。

(もちろん他の方も必見です。)

今買ってすぐに使えるオススメの「バックパック」をご紹介いたします。

ここ数シーズンは、キャッシュレス化の普及により「ミニバッグ」への注目が集まっておりますが、個人的にはあえてバッグは大きめサイズのバッグがオススメです。

薄着になっていくこれからのシーズン、一点でコーディネートの主役を飾ってくれる大き目サイズのバッグは活躍すること間違いなしです。

IMG_1335.JPG

※スタッフ私物

例えばこんな感じで。

今回は、容量が大きく実用性があってコーディネートのアクセントにもなる、大きめサイズのバッグの中でも「バックパック」をレコメンド。

ご紹介するブランドはこちら。

IMG_1334.JPG

《Maison Margiela》

1988年、フランス・パリで設立。

常識を覆すコレクションの数々は、「デストロイ・コレクション」と称され、ファッション業界に大きな影響を与えてきました。

2014年にジョン・ガリア―ノ氏がクリエイティブ・ディレクターに就任。

ブランド名を「Maison Margiela」に変更。

幅広い世代から愛され続けるブランドです。

IMG_1307.JPG

¥44,000(税込)

オンラインショップで見る

IMG_1306.JPG

STEREO TYPE BACKPACK。

IMG_1308.JPG

《Maison Margiela11》の「STEREO TYPE」コレクションの定番アイテムで、ブランドを象徴する4本ステッチ入りのバックパックです。

随所にレザーパーツを使用することで、カジュアルな中にもどこかクラシカルな雰囲気を感じさせるアイテムです。

IMG_1322.JPG

生地はポリアミド素材を使用。

ハリ感や軽さがあり、ガシガシとデイリーに活躍してくれます。

IMG_1315.JPG

IMG_1317.JPG

ハンドルやジップ部分にはレザー素材が採用されており、カジュアルな素材使いのバックパックに上品な雰囲気を与えてくれます。

IMG_1328.JPG

基本仕様はラウンドジップ開閉型のベーシックなバックパック。

IMG_1320.JPG

メインポケットは二重構造で、物の出し入れがしやすい仕様に。

外側のポケットは小物を収納するのに便利な仕様になっています。

IMG_1324.JPG

必要以上のディテールを排除したシンプルなデザインが普遍的な一点。

《Maison Margiela》らしいミニマルな雰囲気が魅力的です。

IMG_1299.JPG

サイズ感とカラーリングも相まってコーディネートにインパクトを与えてくれます。

バックパックは毎日のように使う相棒のようなもの。

毎日使い、色々な思い出を詰め込むからこそ、愛着が湧きますよね。

今回ご紹介の《Maison Margiela》のバックパックも、みなさまの思い入れがたくさん詰まったバッグに仲間入りを果たせたら...と思います。

是非、一度実際に店頭でお試しください。

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。