【s'yte,Doublet】ロゴTシャツを夏のお供に

みなさんこんにちは。

なんばパークス店、橋本です。

今年は本当に暑いですね。

溶けてしまいそうな暑さに嘆いているのですが、そんな日のコーデは薄着になってしまいがちです。

でも、一枚で着るならインパクトが欲しい。そう、ロゴTシャツです。

今からでももちろん、秋にはインナーでも使える逸品が入荷しました!

今回はロゴTシャツを2枚ご紹介させていただきます。

まずはこちら

IMG_6566.JPG

s'yte/¥5,200(税込)/サイズ:-(XL位)オンラインショップで見る

IMG_6575.JPG

yohji yamamotoのオンラインサイト専用ブランドで、

made in JAPANに拘った物作りとリーズナブルな値段帯でyohjiの世界観を味わえて定評があるブランドです。

IMG_6572.JPG

こちらのアイテムは2020年春夏シーズンのアイテムで、迷彩配色を採用した恐竜のプリントが目を惹きます。

薄手ながら、透け感はなく、風を纏うようなドレープ性とブランドらしいゆったりとしたシルエットが世界観を演出し、1枚でスタイリングの主役となってくれます。

使用されているボディは、80年以上の歴史を誇る日本の老舗国産Tシャツメーカーの久米繊維業によってブランドのため別注でつくられたボディを使用。

滑らかで着用時のストレスを一切感じさせない配慮がされています。

IMG_6580.JPG

肌に縫い目が触れないよう丸胴を採用し、着脱時などの生地の引っ張りによるダメージが蓄積されないよう、袖口や裾には天地引きを施しています。

そうすることで縫い目方向への強度が増し、薄手な生地でありながら糸のほつれ、破れなどに対する耐久性がプラスされます。

熟練の優れた技術を誇る久米繊維業とのタッグによって展開されたこちらのTシャツ。

パッと見ただけでは、よくあるビックシルエットTシャツと思ってしまうかもしれませんが、

生地、デザイン、シルエットなど、非常に魅力が詰め込まれており、おすすめのアイテムです。

続いてはこちら

IMG_6555.JPG

Doublet/¥11,400(税込)/サイズ:Free ンラインショップで見る

2012年に設立した日本のデザイナーズブランド。

IMG_6562.JPG

コンセプトに違和感のある日常着を掲げ、その言葉の通り、既成概念を覆すインパクトのあるデザインと遊び心満載なものつくりで話題のブランドです。

2019年秋冬シーズンにコレクションテーマはsurprise。というものでコレクションテーマ通りの驚きがディテールとして落とし込まれたものでした。

こちらのアイテムはcapsule Toy collectionという、乾燥圧縮させたTシャツをカプセルに閉じ込めてあるという斬新なアイディアを採用したものです。

これだけでも面白いのですが、こちら全てで5つカプセルがあり、その中からランダムで選ばれるものを買う事ができるというものです。ですので、出てくるまで何が当たったか分からないのも面白さの一つでした。

その中で1つはDoubletのオリジナルアイテムであり、他の4つはコラボレーションアイテムとなっており、こちらのTシャツもそのうちの一つです。

IMG_6560.JPG

BOTTERは、アントワープ発の新鋭気鋭ブランドでありデザイン性とアバンギャルドなバランス感が人気なブランドです。LVMH主催のヤングファッションデザイナープライズで2018年に注目を浴びてから今なお今後の活躍に注目を浴びているブランドです。

シルエットはレディース、メンズの両方でも着れるサイズ感で前身頃にプリントが施されているデザインです。

BOTTERらしいストリートテイストのアクティブなカラーリングとデザインになっており、スラックスなどで合せるバランス感も両方のブランドの良さが入り混じり素敵です。

私もドレスライクなコーデでロゴTシャツを合せてみました。

IMG_6365.JPG

全てスタッフ私物

スラックスにジャケット。外しにロゴTシャツを持ってくることにより、ドレスとストリートのバランスを楽しむコーデになっています。

いかがでしたか。他にもストリートブランドやカジュアルブランドのロゴTなども沢山ございます。

是非、店頭にてご覧ください。

みなさまのご来店、心よりお待ちしています。