【visvim、HYSTERIC GLAMOUR】愛すべきデニム

こんにちは、なんばパークス店の橋本です。

今回はデニム特集!ということでデニムを2本ご紹介するのですが、今回はその中でも日本の誇るブランドをご紹介します!

まずはこちら

HYSTERIC GLAMOUR デニム

HYSTERIC GLAMOUR/¥27,500(税込)/サイズ:30(M位) オンラインショップで見る

HYSTERIC GLAMOUR デニム その他

HYSTERIC GLAMOUR デニム その他

2019年に発売されたブランドらしい、アメカジテイストに落とし込んだダメージリペアデニム。

ポケットにリベットを打ち込みロックなテイストに仕上げています。

また、裾部分にダーツを入れてテーパードをかけることにより、少しスタイリッシュな印象になっています。

岡山産の生地を使っており、味のあるウォッシュ加工を施すことでヴィンテージライクな印象になっています。

HYSTERIC GLAMOUR デニム その他

所々にブランドロゴのスタンプをちりばめて、ストリートなテンションになっており、定番でありながらモダンな印象も与えてくれます。

HYSTERIC GLAMOUR デニム その他

裾には赤色が薄くなったようなオレンジセルビッチを採用し、こだわりが随所にあるブランドならではの逸品です。

続いてはこちら

visvim デニム その他

visvim/¥16,000(税込)/サイズ:32(L位) オンラインショップで見る

2018年に発売されたブランドの定番アイテムのsocial sculpture denim。

未来のヴィンテージを目指した、中村ヒロキ氏のこだわり抜いたアイテムです。

ボタンフライのストレートシルエットの王道の5ポケットデニムです。

visvim デニム その他

股上をレギュラーで元々はノンウォッシュの加工もないタイプの15.5オンスのレッドセルビッチデニムです。

ただ、他のデニムとは違ったディテールがもちろんあります。

それが、生地と染色です。

visvim デニム その他

生地で言うと、スラブ糸と言われる糸に大小異なる太さを入れた糸を採用しています。

この糸を採用することにより、染め上げた後の洗濯でのムラが箇所によってバラつきが出ます。

それにより、独特な経年変化を楽しむ事ができ、他のデニムとはまたとは違った楽しみが出来ます。

visvim デニム その他

visvim デニム その他

ラベルには鹿革を藍染したパッチを施し、リベットもオリジナルの物を使っています。

ヴィンテージを目指しながらもブランドのポイントも抑えたディテールがポケットのジップです。

visvim デニム その他

デニムジャケットなどにも付属させていますが、デニムパンツにはバックポケットの内側にジップを配置し、ブランドの隠れたアイコン的なディテールを配置させています。

見えない部分の配慮とワンポイントは、ブランドの底知れないこだわりが垣間見えます。

私もデニムを履いて、出勤しております。

IMG_4217.JPG

IMG_4216.JPG

※全てスタッフ私物

パンツ:LEVI'S
ハット:babylon LA 
アウター:visvim 
シューズ:VANS

アノラックにキャップ、足元はVANSのスケハイを合せて、王道のアメカジテイストをストリートなテンションで合わせて見ました。

いかがでしたか。

他にもデニムは沢山ご用意がございますので、是非店頭にてお待ちしています。

みなさまのご来店、心よりお待ちしています。

では、次の秋物特集にて。