【Rick Owens】パターンの天才

みなさん、こんにちは。
RAGTAGなんばパークス店の中村です。

IMG_4757.JPG

今回は1997年始動のフランスが誇る「Rick Owens」より

ライダースジャケットを2点ご紹介させていただきます。

ブランド発足当初からモノトーンを中心としたゴシック調のアンダーグラウンドな雰囲気を、

ジェンダーレスなスタイリングを軸にし発信し続けています。

ライダースジャケットは、サルエルパンツや、シューズと並んで、ブランドのアイコン的アイテムです。

ストリートライクなアプローチやトレンドのテックウェアとの相性から、
幅広い年齢層の方から支持され続けています。

見た目がカッコイイのはもちろんですが、最大の魅力は
「緻密に計算されたパターン使い」です。

分かりやすくご説明しますと、「タイトなシルエットなのに動きやすい」
ということです。

まず1点目はこちら

IMG_4753.JPG

IMG_4756.JPG

IMG_4755.JPG

¥86,000(税込)/サイズ:48(L位)オンラインショップで見る

2017年春夏モデル。定番モデルの「BOWHAUS」のアップグレードモデル。
重厚感ある山羊革で仕立てられたライダースジャケット。
エポーレット付きで、バンドカラー仕様。

IMG_4760.JPG

シボ革でよりハードな印象を与えてくれ、傷が付きにくく強度に優れているのも魅力です。

全体をタイトで、少し長めにデザインされた丈感など、唯一無二の雰囲気。

そして動きやすさの秘密は、腕周りのパターン構成です。

IMG_4761.JPG

IMG_4759.JPG

IMG_4758.JPG

通常腕周りの作りは、上部と下部で2枚の生地を繋ぎ合わせ構築するのが一般的です。

しかしながら、こちらは脇部分より3枚で構成されています。
前からは継ぎ目を見せることなく、デザイン上はミニマムに見えるように計算もされています。

通常袖部分は、肩にハメ込み繋ぎ合わせ仕立てるのが一般的ですが
脇部分より大きく切り分けパターンを取ることにより、腕の可動域を確保し
タイトながら、動きやすさを可能にしているのです。

そして前に腕をパターン上振って構築し、どこかしら前衛的な雰囲気を感じさせるフォルムとなっています。

続いて2点目はこちら

IMG_4762.JPG


¥50,900(税込)/サイズ:XS

こちらは2011年春夏モデル。モデル名:「SAFARI BIKER」

IMG_4764.JPG

軽やかな質感のラムレザーを採用することで、動きにより生地がなびきジェンダーレスな印象の1着。

独特の色ムラと、USED加工は手作業で施されており、1着1着風合いが異なりすべてが1点物です。

こちらにも、先ほどのパターンが作用されており動きやすさを実現しています。

モデル目にもあるように、両肩にサファリジャケットのディティールである、
エポーレット風にデザインされています。

IMG_4763.JPG

また、内側には同素材のストラップを付けており、着るだけでなくジャケットを背負うこともできます。

軽やかな素材を使っている「SAFARI BIKER」ならではのファッション性の高いデザインです。

一度袖を通していただくと、他のブランドを寄せ付けない魅力を感じていただけると思います。

みなさまのご来店心よりお待ちしております。