【THE ICONS:COMME des GARCONS】普遍的なデイリーウェア【robe de chambre】

こんにちは、渋谷店の續池です。台風も去っていよいよ秋らしい日が続きますね。

いつものコーディネートにプラスして、ジャケットやコート、ブルゾンなどのアウターが活躍し始めた頃かと思います。 RAGTAGでは現在、そういったアウター類を10%オフにてお買い求めいただけるアプリ限定のクーポンを配布しております!もちろん店頭の商品にも力を入れ、魅力的なアウター類取り揃えておりますので、期間中にお近くまでお越しの際はぜひ足をお運びください。お時間の許す限りたくさんご試着いただき、ぜひお気に入りの1着を当店で見つけていただければと思います。

また、渋谷店では10月9日より、アウターフェアと同時開催で【THE ICONS:COMME des GARCONS】というポップアップイベントも行っております!

68D316CA-3413-40C3-A58E-E6BFAC10963B.jpeg

COMME des GARCONSといえば、個性的なデザイナー陣と、彼らの手がけるそれぞれのブランドの確立した世界観もその魅力のひとつです。時代のニーズに合わせて軽やかに姿を変えていくCOMME des GARCONSのクリエイションを反映し、テーマをもって創設されたり、時には中止や統合されることもある各ラインにはそれぞれの世界観があり、熱心なファンがついています。

今回はそんなCOMME des GARCONSのブランドの中から【robe de chambre(ローブ・ド・シャンブル)】についてご紹介させていただきます。

10DE1809-D068-416C-86A0-8E40D54F02DE.jpeg

ジャケット/ robe de chambre/¥13,600(税込)/サイズ:M/オンラインショップで見る

シャツ/JUNYA WATANABE /¥20,600(税込)/サイズ:XS/オンラインショップで見る

スカート/tricot COMME des GARCONS/¥21,800(税込)/サイズ:S/オンラインショップで見る

【robe de chambre】は1981年から2004年まで発売されていたラインになり、【COMME des GARCONS】の創始者であり、デザイナーの川久保玲さんの手掛けるデイリーウェアラインとして人気を博していました。2005年以降は同じく川久保玲さんの手掛ける【COMME des GARCONS COMME des GARCONS】、通称コムコムと呼ばれるラインに統合されています。

当初は大人の女性のための部屋着、リラックスウェアを中心に発表され、次第にその幅を広げていきました。セカンドラインとして、日常に寄り添うデイリーウェアという点では【tricot COMME des GARCONS】に近い立ち位置でもあった 【robe de chambre】ですが、かわいらしさ、ガーリーな少女性を感じさせる【tricot COMME des GARCONS】のデザインに比べると、より普遍的でシンプル、それでいて川久保玲さんの変わらない美意識がすっと中心を通るような、芯のある凛としたスタイルが魅力です。

895A032D-2422-47A9-BDC5-1BCC03A5DFA1.jpeg

本日は店内の【robe de chambre】のアイテムより、裾部分にあしらわれたラインストーンのデザインが印象的なジャケットをご紹介いたします。

肩と襟口はミニマルに、きらきらと光るラインストーンが美しい裾の部分は下に向かってさりげなくAラインに広がって緩やかなドレープを形成し、シンプルな中にもすこし動きが出て、女性らしいシルエットと光の反射を引き立てます。

BA8F920C-0C13-4AB0-B04A-5A580C21702B.jpeg

ネイビーの生地は【COMME des GARCONS】の代名詞でもあるウールギャバジンで、手触りもよく、丈夫で着用できる季節も長く、デザイン性とシンプルさのバランス感も相まって、ワードローブのなかで様々に活躍できそうな優秀アイテムです。

C4C9C663-7A2F-482D-B36D-7D490D5A2C5C.jpeg

また、こちらのジャケットは襟を立ててボタンを閉じ、詰襟のようなシルエットで来ていただくこともできるデザインになっております。ボタンを上まで留めるとぐっと雰囲気が変わり、あどけなさが消え、より一層クラシックな印象に。インナーウェアやボトムスに比べ、どうしても手持ちの数が限られるために決まったイメージになってしまいやすいアウターウェアですが、このようなさり気ない変化で気分を変えて楽しめるアイテムは貴重ですよね。

E9BACE26-FFE2-4750-A4A3-D48D6D5A699C.jpeg

かっちりしたシルエットとどこかドレッシーな印象を生かし、サテン生地のドレスシャツと合わせてコーディネートしてみました。広がったAラインを強調したかったので、ボトムスはあえてすとんと縦に落ちるIラインのスカートを。ジャケットとプリーツスカートの定番コーディネートでも、制服っぽさが強くなりすぎないのはラインストーンのデザインが効いているためでしょう。

【COMME des GARCONS】のラインの中でも、特に日常になじむ【robe de chambre】ですが、現在はブランド自体が統合されてしまっているため、二次市場での人気も根強い印象です。店内には他にも【robe de chambre】の魅力的なアイテムを取りそろえておりますので、ぜひお手に取ってごらんになってくださいね。

この週末もスタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。ぜひRAGTAG渋谷店にて、すてきな週末のお買い物をお楽しみください!【COMME des GARCONS】のPOPUP、そしてお得なアウターフェアもぜひ合わせてご利用くださいね!みなさまの秋のお買い物のお手伝いさせていただきますこと、心より楽しみにお待ちしております。