【mina perhonen】作り手のあたたかさが感じられるブランド

こんにちは、下北沢店三ツ森です。

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本格的に肌寒くなり、アウターが活躍する季節になりましたね!


当店ではたくさんのアウターをご用意しておりますので

お近くへいらした際にはぜひお立ち寄りください。

さっそくですが本日は私のおすすめの商品、

【mina perhonen 】のブルゾンをご紹介します。

03C2B749-3CFF-44DC-85F8-8EB3D43DBC95.jpeg

D68B9683-F1C6-471B-B756-08AF792FFDA7.jpeg

mina perhonen /¥41,300(税込)/サイズ36(S位)

まずは簡単にブランドの説明から。

【mina perhonen】は1995年に文化服装学院出身のデザイナーである

皆川明さんがはじめたブランドです。

オリジナルのテキスタイルを作るところから服作りを行い、

生地はすべて日本の職人の手で作られています。

それらは「長く愛せるもの」であるべきだと考えられ

着ていくうちにすれや傷ができても

それが「劣化」ではなく「愛着」になるような工夫がされているのも特長です。

本日ご紹介するアイテムもそんなミナの魅力が詰まっていると思います。

E431C80E-0970-41BD-9009-192ED2AA44E0.jpeg

生地はマットな質感のポリエステル、ナイロンの混紡素材と

裏地にはベルベットが使用されています。

光沢の抑えられたとても肌触りの良い素材です。

中綿もシルエットがふくらみ過ぎない

程よい量で、軽くて暖かいです。

ミナのお洋服と聞くと草花や鳥などをモチーフにした

刺繍入りのアイテムを想像される方が多いかもしれません。

これらはデザイナー自身が北欧へ旅行した際にインスピレーションをうけたものです。

可愛らしいモチーフに淡いお色味が相まって独特な雰囲気がありますよね。

こちらのブルゾンは無地ではありますが

柔らかな色使いがまさにブランドらしく、とても素敵だと思います。

39BF07DA-A94C-48E3-8F5D-0A958E7C4BAA.jpeg

237314CF-4FBE-4107-A4E9-14CDEC13157A.jpeg

着丈は短く、身頃はゆったりとられており、少女らしい印象に。

裏地の縫製もとても綺麗で、裏返してもお召しになれそうなほど。

袖口を折り返してお召しいただくのもおすすめです。

また、ボタンはレザーで包まれており上品な雰囲気に。

6534553D-43B9-434B-B6B2-189AFCE152CF.jpeg

細かなディティールではありますが使い込むほどに味が出てくる仕様になっています。

あくまで女性らしく可愛らしいデザインでありながら

生地がくたくたになってもずっと愛用していけるお洋服というのは

ミナにしかない魅力であり、

ブランドが愛され続けている理由のひとつだと思います。

DC05A8BD-6773-4E26-9A64-478F07565F0E.jpeg

そしてしっかりファスナー付きのポケットも付いているのも

実用的で嬉しいポイントですね。

いかがでしたか?

一度袖を通していただくと丁寧にものづくりが行われているのを

体感していただけると思います。

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。