布芸の追及を謳う個性派ブランド

こんにちは。

下北沢店の今分です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はNEON SIGNのアイテムをご紹介します。

ネオンサインは、林飛鳥氏が立ち上げた日本のブランド。

布芸の追及をコンセプトに掲げ、色んな仕掛けを駆使して布(生地)の持つ可能性を最大限2引き出したクリエイティブな物作りを行っています。

デザイナー自身が古着にルーツを持っていることもあり、デザインにもその要素が落とし込まれているアイテムが数多くリリースされています。

メンズブランドとして活動していましたが、2018年からはウィメンズもスタートさせ、現在ではBEAMSやO代官山といった人気セレクトショップでの展開が増えてきています。

ディッキーズやFILAとのコラボレーションも話題性を呼ぶなど、国内ストリートシーンを牽引するといっても過言ではないブランドです。

A9B71268-A02F-41A0-AA45-6FD97BE14EB8.jpeg

2234C376-0F31-42AF-8924-782159BFD075.jpeg

2F125A77-70F9-4352-8CD4-0875D4A330C6.jpeg

フランネルシャツ:NEON SIGN/¥19,200(税込)/サイズ 46

オンラインショップで見る

フランネルシャツと聞くと、アメリカカジュアル定番の肉厚で丈夫そうな生地感を想像される方が多いと思います。

こちらのシャツは、その常識を大きく覆すデザインとなっています。

コットンではなく、レーヨンのベルベット生地が使用されています。

滑らかな肌触り、トロッとしたドレープの効いたゆったりシルエット、程よい光沢といった特徴的な仕上がり。

BF264F54-C0F2-46BC-AFFA-8AF1CD5E1413.jpeg

薄すぎず厚過ぎずの絶妙な生地感のため、ジャケットやコートのインナーにも重宝していただけます。

デニムやチノパンといったカジュアルアイテムにも間違いなく合いますが、生地の特徴を活かしてスラックスに革靴でキレイめな雰囲気にまとめるのもオススメです。

シャツブランドとしてスタートしたブランドだけあって、クオリティの高さが光る素晴らしいアイテムではないでしょうか。

気になった方は是非下北沢店までお越しください。

また、下北沢店では本日からアウターフェアを開催しております。

これから秋冬に向けてアウターの準備をする方は必見です。

スタッフ一同、お気に入りのアイテムを見つけていただけるように全力でサポートさせていただきます。

みなさまのご来店こころよりお待ちしております。