【HENRIK VIBSKOV】多彩な人物が生み出すブラウス

こんにちは!



前々回に夏に着たいコットンブラウスということでmina perhonenのブラウスをご紹介させていただきました!

今回は!前々回と『北欧』つながりのブランドのアイテムをご紹介。(mina perhonenはフィンランドの言葉でしたよね!)


HENRIK.jpeg





北欧デンマーク生まれのブランド、【HENRIK VIBSKOV】です!
なかなか下北沢店に入荷してくることも珍しいブランドでもあり、私が好きなブランドでもあります。



デザイナーのHENRIK VIBSKOVのデザイナーはその名の通り、ヘンリックビブスコフ。
ヘンリックは何とも多彩な人物で、音楽やアート、フィルムといった、服だけではなく、様々な作品を世の中に発信していることで注目を集めている人物なのです。(日本でも過去に金沢21世記美術館で作品を出してます!)




あとデンマークではアイスクリーム屋さんを営んでいるそうです。(これは個人的にはすごくほっこりしたポイントです。)




ヘンリックはデザイナーたちの憧れでもある、イギリスのセントマーチンズを卒業しており、現在ではセントマーチンズで講師もやっております。

ヘンリックについて調べれば調べるほど一体いくつの顔があるんだ...と思わずにはいられませんでした。




前置きは長くなりましたが、そんな多彩なヘンリックが生み出したブラウスに話をしていきます。

HENRIK2.jpeg

HENRIK VIBSKOV/¥14,800(税込) オンラインショップで見る



HENRIK VIBSKOVのお洋服はポップなカラーリング、柄が特徴的なものが多いのですが、こちらはシンプルなデザイン。



HENRIK4.jpeg
シンプルながらも大きく広がった袖と短い着丈のシルエットはとてもバランスの取れた作りになっています。




HENRIK3.jpeg

細かくプリーツが入ったさらっとしたテキスタイルがこれからの夏にぴったりです。




またブラウスからは話が逸れますが、
HENRIK VIBSKOV
のお洋服のほとんどはヨーロッパ圏内で作られています。

こちらは自国周辺の工場で製作することで雇用を創出し、自国へ貢献したいという想いからだそう。
先ほどセントマーチンズで講師を行っているのも未来のデザイナー育成の貢献のひとつと言えます。


そういったエピソードひとつひとつがよりヘンリックの人柄を彷彿させますね。
お洋服そのもののデザインだけでなく、作り手の想いや人柄が伝わるとなんだかより一層引き込まれます!

下北沢店にはたくさん素敵なブランドを取り揃えておりますので、是非下ブランドについて妄想話に花を咲かせましょう。是非遊びにいらしてください!



【お知らせ】
下北沢店は527日の営業再開後、19時までの短縮営業をしておりましたが、72日より通常の営業時間に戻ります!

営業時間 
11:0020:00

まだ予断を許さない状況は続きますので、くれぐれもご無理はせず、体調にお気をつけてお越しください。

スタッフ一同、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。