【THE RERACS、ELIN】『丁寧な作り』がもたらすリラックススタイル


こんにちは!



来月はいよいよ夏本番の8月!
そうです、お盆休みがやって参ります。




今年はコロナウイルスの影響もあり何だか落ち着かない雰囲気もありますが...




こんなときだからこそ、せっかくのお盆休みはリラックスできるスタイリングで力を抜いてみてはいかがでしょう。


まずはこちら。
7F402EC8-5D06-49AD-90A2-3E312CFFCD20.jpeg
ELIN/¥9,200(税込)/サイズ36 オンラインショップで見る



こちらは2020年の春夏物。

ELINは榎本実穂によって手がけられているブランド。
榎本さんは『洋服好きな男性から見て、女性に着てほしいと思われる』服作りにこだわっており、
そんな目線から生まれるELINのお洋服はデザインだけでなく、縫製、テキスタイルも抜かりのないつくりになっています




FBE9BD30-AEA3-4FBD-B28F-D8C7CBEE2431.jpeg

ボーイッシュ、ワークのイメージの強いオールインワンですが、さらっとしたコットンポプリンの素材でまとめることで上品でしなやかな印象です。


胸元はジップアップになっており、着脱も簡単。




1CA463D5-803A-438F-A8A5-579CB96521E6.jpeg

裾部分はスリットが入ったデザインに、さらにはドローコードもついており、これによってパンツ部分はふんわりと丸みのあるシルエットを実現してくれます。






2点目はこちら。

CAFD385E-AF35-4578-AC71-7AF4812328DA.jpeg

THE RERACS/¥7,000(税込)/サイズ XS オンラインショップで見る




7E30EFAD-3FBE-4F53-A855-872A5890EF45.jpeg


THE RERACSは
倉橋直実によって手掛けられたブランド。
倉橋さんはテキスタイルから、ボタンなどの付属品、仕立てまで徹底的に『メイドインジャパン』にこだわった洋服作りをしています。
代表的アイテムのトレンチコートなど、広く一般的に知られている定番アイテムを仕立てやテキスタイル、様々な視点で常にアップデートしたものを生み出し続けているブランドです。
服作りの話からは逸れますが、2017年には表参道に在庫を持たないショールーミングストアの路面店を出しており、ファッションビジネスの観点でもTHE RERACSが仕掛ける打ち出し方にはとても興味深いものがあります。






F417C810-A262-4CDE-B480-FDBB880C1164.jpeg




ウエスト部分はドローコードになっており大きなタッセルがコーディネートのワンポイントに。
カジュアルな印象ですが、すっきりとした
Iラインに生地が2枚レイヤードされたデザインが可憐な雰囲気もプラス。

トップスを選ばないデザインですが、個人的にはメンズライクなシンプルな無地のTシャツと合わせてマニッシュなコーディネートに仕上げるのもおすすめです。





私も本日はオールインワンを主役にリラックスしたコーディネートを組んでみました。

57B9B7BE-C665-440C-A9D8-3A5B79C3E321.jpeg


オールインワン:Y's
ブラウス:ENGINEERD GARMENTS

※すべてスタッフ私物


みなさまも上質なお洋服で快適なお盆を過ごしませんか。

是非下北沢店に上質なお洋服を見つけに遊びにいらしてください!
お待ちしております。