【ANDERSSON BELL】ミックスカルチャーを感じられるスニーカー



こんにちは!RAGTAG天王寺ミオ期間限定ショップの太田です。


四月も中旬に入り、グッと気温も上昇してきましたね。
この時期、みなさまはどういったアイテムを購入するか決められていますでしょうか。私はついつい小物に目がいってしまいます。



そこで今回は天王寺ミオ期間限定ショップに入荷したおススメのスニーカーをご紹介させていただきます。


ANDERSSON BELL スニーカー


ANDERSSON BELL/¥29,800(税込)/サイズ:27.5cm オンラインショップで見る




【ANDERSSON BELL】

2014年に始まったキム・ドフンがクリエイティブディレクターを務める韓国ソウル発のユニセックスブランド。

キム氏が深い交友関係を持つスウェーデン、そして自身の出生地である韓国の二つの異なったカルチャーをインスピレーション源としている。

スウェーデンでよくある「Andersson」という苗字、韓国のお寺の鐘を意味する「Bell」。ブランド名もスウェーデンと韓国のカルチャーを組み合わせられいます。
独創的でカラフルな色使いや上質な素材を使ったアイテムが人気なブランドです。


こちらは2021年にリリースされたANDERSSON BELLとasicsのコラボアイテム。


asicsより2003年に発売された「GEL-1090」をデザインベースに登山靴に用いられるディテールを取り入れています。
オリジナルにもある「虎のかぎづめ」デザインからその様子が伺えます。


ANDERSSON BELL スニーカー



三種のシューレースが使用されています。それぞれ太さや柄が異なっているため、多数のシューレースを使ってもスタイリッシュで洗練されたデザインへと仕上がっています。



ANDERSSON BELL スニーカー


オレンジベースのカラー。ところどころにあしらわれたメタリック調のパーツ。
これは木星と宇宙船をイメージしそれを表現したものです。
イエロー、オレンジ、ブラウンと多色使いされてはいますが、色味が統一されており、他のお洋服とも合わせやすくなっています。



着用アイテムが少なくなる春夏は小物にこだわるとより楽しんでいただけるのではないでしょうか。


いかがでしょうか。是非店頭でお試しください。


みなさまのご来店心よりお待ちしております。