CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン

BUYER'S VOICE RAGTAGバイヤーのファッション偏愛をお届け!

RAGTAG のスタッフもお客様と同じようにファッションとお買い物が大好き。
今回はRAGTAG のスタッフが最近買ったものや、
強い思い入れのあるものをテーマ別にご紹介。
買い物の背景やストーリーもぜひお読みください。

メンズ アクセサリー編

■原宿店 バイヤー 金 政煥

Cartier
TANK SOLO WATCH
購入時期 : 2020年12月

永遠の憧れともいえる人気の腕時計“タンクソロ”を、結婚をきっかけに購入。このモデルはまだ誕生から20年弱ですが、元祖モデルの“タンクルイカルティエ”は100年以上前に誕生した、海外のスターも付けて映画にも出たような歴史のある時計です。戦車のフォルムにインスピレーションを受けてデザインされた、クラシックとコンテンポラリーが共存した美しいデザインに惹かれました。ポイントとしてはベゼルが凄くシャープな印象で、まるで付けてないように邪魔にならないところ。ベルトの種類も豊富で、スチールブレスレットもあり、ベルトを変えることで新しい時計の気分も味わえます!

■神戸店 店長 若田 慎太郎

PORTER CLASSIC
CONCHO BELT
購入時期 : 2018年春

レザーアイテムの少ない[ポータークラシック]では初となるレザーベルトです。[GROK LEATHER(グロックレザー)]というレザーブランドとの協業で作られたもので、細かく丁寧なカービング(彫刻)がとても美しい。デザイナーで創始者の吉田克幸が映画好きで、子供の時に見た西部劇の世界観や登場人物の衣装などからインスピレーションを受けて作成したもので、「60年前から企画していた」アイテムと聞いて、感銘を受けて購入しました。コンチョは星やスカルなどウエスタン調のモチーフが全部で6種類あり、取り外して自分好みにカスタマイズできるのも良いところです。

■吉祥寺店 カスタマーアシスタント 古屋敷 康介

D'HEYGERE
リップクリームハンガー
購入時期 : 2020年11月

[ディヘラ]は2018年にローンチしたユニセックスのアクセサリーブランドです。デザイナーのステファニー・ディジェールは、名門アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後、[メゾンマルジェラ]や[ディオール]で経験を積んだ人物。タバコや切り花を挿すことができるフープピアスなど、ユニークで実用性もありながら、日常で見る素材やモチーフを使った洗練されたアクセサリーを出しています。こちらはベルトループに付けることができ、先に形状記憶のゴム穴があるので、そこにスポッとリップクリームやライターなどを装着して使います。キーリングもついていて鍵も同時につけられるので、小物を無くしがちな自分にぴったりなアイテムです!

■京都店 店長 加藤 洋平

JILL PLATNER
バードボーン
購入時期 : 2016年12月頃

肌身離さず着けていられるモノを探していて、日常生活の中で朝起きてから夜寝るまでつけ続けられることが魅力的でした。自然界への深い愛情の表現として生まれたこの“バードボーン”は、鳥の骨からインスピレーションを受けて生まれたもので、「自然と一体になり、共感し共存していこう」と自分なりに解釈したことで、さらにお気に入りになりました。編み紐にはゴア社の特殊繊維糸を使用しているのがサーフィンを楽しむ女性デザイナーならではの発想。シルバーも身に着けたままの方がくすみにくいということもあり、ずっと身につけていればいるほど輝き、日常の邪魔もしない、本当に一体になる感覚です。こんな世の中ですが、本当に良いものは残り続けると私自身も感じております。

CLOSETトップページに戻る