国際配送割引キャンペーン中、代理購入サービスBuyee
RAGTAG
WEAR am I ?
ファッションをこよなく愛するRAGTAGスタッフが贈るファッションコラム。
長年着てきたからこそわかるブランドの魅力をたっぷりご紹介します。
facebook

Vol.5 beautiful people

第5回目は、「everywhere and nowhere - どこにでもあり どこにもないもの」をコンセプトに展開するブランド、「beautiful people」。
2016年からはパリでコレクションを発表するなど活躍の場を広げる大注目ブランドを、RAGTAG原宿店バイヤー、池川 真由美がたっぷりご紹介します

WEAR am I ?
Vol.5「beautiful people」

世代を超えて愛される名品

RAGTAG 原宿店 バイヤー 池川 真由美

池川 真由美
  • Tops:Plage
  • Skirt:beautiful people
  • Shoes:Maison Margiela

初めてのbeautiful people

2014年にRAGTAGに入社しましたが、実はあまりブランドに詳しくなかったんです。
働きながら今まで知らなかったブランドに触れていく中で、“いいな”と手に取る服がbeautiful peopleのことが多くて、気が付いたら大好きになっていました。
初めて買ったbeautiful peopleは、2014年春夏コレクションのニワトリ柄のポロシャツ。
総柄だけど合わせやすく、アニマル柄なのにかわいくなり過ぎない、丁度いい絶妙なバランスがお気に入りでした。
お客様からも、どこのブランドのものかよく聞かれて、「私も同じものを買いに行くわ」と言ってもらってうれしかったです。
次に購入したのが写真のブラウス。
トーン記号柄を落ち着いた色味で表現していて、こちらも大人が着られる総柄アイテム。一目で心惹かれるデザインはさすがです。

pic01

  • 2014年秋冬 ビートルズのライブからインスピレーションを受けたコレクション。
    モチーフには音符が使用されている。

他にはないテキスタイルデザイン

こだわり抜いたテキスタイルデザインは、beautiful peopleらしさが表現されている魅力の一つです。
例えばチェックアイテム。世の中には数多くチェック柄のお洋服がありますが、beautiful peopleは色の組み合わせや、線の太さなどが絶妙なバランスで、いろんなチェックが並んでいても、ひときわ目を惹くんです。
あとは花柄やアニマル柄も、デザインによってはチープに見えてしまうこともありますよね。
でもbeautiful peopleのアイテムは、少し懐かしさを感じるレトロな柄の中に、シルエットや色使いなどで新しさをうまくミックスしていて、ありそうでないデザインに仕上がっているんです。
まさに、ブランドコンセプトである“どこにでもあり どこにもないもの” が表現されています。

  • beautiful peopleオリジナルのテキスタイル

毎シーズン展開する表情豊かなバッグの数々。

バッグはbeautiful peopleの人気アイテムのひとつ。
使用されている素材がおもしろくて、ビニールチューブや絨毯の滑り止め、ヨット帆に使用されるシャカシャカ素材など、毎シーズンその独自性に驚かされます。
色や素材がコーディネートのポイントになってくれて、デイリーに使い勝手がいいように考えられたデザイン。そして買いやすいお値段なので、エントリーアイテムにもおすすめです。
そして忘れてはいけないのが、定番のライダースをモチーフにしたバッグ。
ヴィンテージライダースジャケットと同じ羊革を使用した細部までこだわった作りで、その品質は最高級。トート型やポーチなど豊富なバリエーションで、用途に合わせてセレクトできるのも魅力です。
次はどんなデザインか、毎シーズン楽しみにしています!

pic03
  • 個性豊かなバッグの数々。

beautiful peopleのStandards

トレンチコート、ライダース、デニムパンツ、Gジャン、モッズコート、チェスターコート、ダッフルコート等、「大人のための子ども服」をコンセプトに、大人と子どもが服を共有できるキッズサイズから展開しています。
面白いのはサイズの選び方。身長に合わせて選ぶのではなく、自分のしたい着こなし方で選びます。
160cmサイズがジャストサイズだとした場合、130cmサイズを着用すると七分袖のデザインとして楽しめます。
普通の子ども服は大人だと着られませんが、beautiful peopleは各アイテムのシルエットや作りにとことんこだわり、どのサイズでも楽しめる工夫がされています。
例えばライダースでは、ピボットスリーブという、スポーツウェアや作業服などにも使われるデザインを採用。袖の運動量を考慮した作りになっているので、腕の上げ下げが楽にできます。
beautiful peopleなら、定番アイテムも一味違った、自分らしいサイズ感で楽しむことができるんです。

pic04
  • 「大人のための子供服」キッズシリーズ。

beautiful peopleオススメStandards

-親から子へ、受け継がれる名品-


◎KIDS LEATHER RIDERS JACKET

beautiful peopleの人気アイコンアイテム。
8サイズの中から自分の好みに合わせてチョイス。
レザーの種類もシュリンクレザー、
ヴィンテージレザー、カウレザーと3種類。
1着は持っていたい名作。

◎KIDS TRENCH COAT

世界最高級のオーガニックコットンを
使用したトレンチコート。
5サイズ展開し、着丈が短めの定番タイプと
ロングタイプの2種類。
ライナーが取り外し可能なので3シーズン
着用できる万能アウター。

◎SELVAGE DENIM SERIES

大量生産により耳のないデニムが多い中、
1日に1反しか折ることができない
セルヴィッジデニムを使用したGジャン。
ディテールまでオリジナルに
こだわった人気アイテム。

beautiful peopleの魅力

シンプルなデザインですが、ディテールまでこだわって作られているところ。そこにいつも、ブランドらしい遊び心が加えられているところがbeautiful peopleに惹かれる理由です。
この写真のスカートもこだわった作りとデザインで、白と黒のリバーシブルなので、着こなしによって印象をがらっと変えられます。
2018年春夏コレクションでは、左右で異なったデザインの洋服を、ファスナーやボタンなどで組み合わせて1着の洋服に見せていて、テーマは「MAKE LOVE」。
洋服と洋服が男女のように出会うということらしいのですが、その発想が面白いですよね。
一つ一つのデザインはシンプルでも、組み合わせることにより全く違った一面が見える。海外にも活躍の場を広げているのでますます注目度アップです。

RAGTAG原宿店にはbeautiful peopleもたくさん入荷しますので、ぜひご提案させてください。
お待ちしています!

pic09
  • スタッフ私物:ロゴテープが印象的。
    リバーシブルのロングスカート

BRAND

ブランド紹介

pic10

beautiful people

ブランドスタート時に、“大人と子どもが共有できる服” というコンセプトの「キッズシリーズ」、“男性と女性が共有できる服”の「ボーイズライン」が話題となり瞬く間に人気となったブランド。
シンプルなアイテムにブランドらしい構築的なシルエットや個性を加えたデザインは、トレンドに左右されずに長く着続けることができる。
特にブランド定番のライダースジャケットやトレンチコートは、そのシルエットの美しさとしっかりとした作りで、毎シーズン品薄になるほど圧倒的な支持を得ている。

RAGTAG RECOMMEND

loading