オトナの革靴

オトナの革靴

「オシャレは足元から」というほど靴はオシャレを左右するアイテムです。
靴作りにこだわった一流の革靴ブランドを集めました。
ぜひお気に入りの一足を見つけてみてください。

BRAND LINE UP

    >ALDEN

    ALDEN

    アメリカ・マサチューセッツ州で1884年にスタートした
    アメリカを代表する老舗シューズブランド。
    特徴は独自の木型を使うことで生まれる履き心地の良さで、
    様々な足のタイプにフィットし、疲れにくい。
    一頭からわずかしか採れない美しく貴重なコードバン(馬のお尻の革)は
    ALDENの代名詞とも言える革で、
    使い込むほど光沢が増し、経年変化を楽しめる。
    一生物の靴を買うなら選択肢に入れるべきブランド。

    >CROCKETT&JONES

    CROCKETT&JONES

    数多くのシューズブランドが拠点を置く
    イギリスのノーザンプトンでも最大級の規模を誇るブランド。
    所有する木型の数は世界一と言われ、
    デザインのバリエーションが多彩。
    創業以来受け継がれてきた製法が守られており、
    熟練した職人によって一足を8週間かけて作る。
    生産ラインの工夫によって、他の老舗ブランドよりも若干低価格なため、
    “良い革靴”の入門ブランドとしてもおすすめ。

    >Paraboot

    Paraboot

    1908年にフランスでスタート。
    元々はアルピニスト達のための登山靴を作るブランドだった。
    最大の特徴は天然ゴムで作られたラバーソール。
    丈夫で摩耗にも強く、非常に高いクッション性を持ち、
    長時間履いても疲れにくい。
    また独自の“なめし”が施されたレザーは、
    水に強く、雨に打たれてもシミになりにくい。
    その堅牢なつくりと実用性の高さから、フランス海軍に採用されるほど。
    革靴に実用性を求める際は、候補の筆頭に置きたいブランド。

    >Tricker’s

    Tricker’s

    ジョゼフ・トリッカ—が1829年にイギリスでスタート。
    イギリスを代表する靴ブランドの一つ。
    チャールズ皇太子も愛用する“英国王室御用達”のお墨付き。
    耐久性、耐水性、歩行性能のどれもが高く、
    その機能性を実現するために施されたデザインが醸し出す
    美しく骨太な雰囲気が人気。
    アッパーにはカーフスキン(子牛のレザー)、
    ソールにはオーク(広葉樹)の上質な皮を使用し、
    一つの靴の最初から最後までを一人の職人が製作する。

    >Church’s

    Church’s

    1873年創業、イギリスのシューズブランド。
    伝統の製法を守り、一足の靴は8週間かけて250もの工程を経て作られる。
    素材には世界中から集められた最高級の革を使用し、
    履くほどに足に馴染み、自分だけのシューズとして育っていく。
    世界中のセレブが愛用するほか、
    007のジェームズ・ボンドが履いていることでも有名。
    1999年にプラダグループの傘下に入ってからは、
    伝統を守りつつも、モード色の強いイメージで新境地を見せる。