王道のウィメンズカジュアルブランド

王道のウィメンズカジュアルブランド

いま、ウィメンズカジュアルブランドの中で
先頭をゆくブランドたち。
ブランドの強いアイデンティティを持ちながらも、
着る人にきちんと寄り添ってくれるデザインで、
国を越え愛されるブランドばかりです。
現代における"王道"と呼べるような、
人気のカジュアルブランドを集めました。

BRAND LINE UP

    >sacai

    sacai

    コンセプトは「日常の上に成り立つデザイン」。
    異素材、異カテゴリーのものを組み合わせる
    「ハイブリッド」なものづくりを得意とする。
    そうして作られる洋服は、
    全く新しいものを感じながらも、
    デザイナー自身も毎日着るため
    あくまで“日常”の上にあり、
    自然とどんなスタイルにも馴染んでくれる
    絶妙なバランスが魅力。
    ブランドのスタートであったニットは、
    その品質の高さと他にはないデザインから
    人気を博している。

    >TOGA

    TOGA

    古田泰子氏が2001年にスタート。
    ギリシャ神話の聖なる衣を意味する
    ブランド名の通り、
    立体的なシルエット、特徴的なベルトや
    金具使いを得意とするデザインは、
    どこか神秘的な独特の雰囲気を感じさせる。
    衣類だけでなくイヤーカフや
    ネックレスなどのアクセサリーや、
    ボリューム感のあるシューズも人気が高い。
    1点ものやリメイク品、アクセサリー、
    アンダーウェア等の幅広いアイテムを
    ラインごとに展開しているが、
    それぞれにTOGAらしいエッセンスが散りばめられ、
    コーディネイトにアクセントを加えてくれる。

    >beautiful people

    beautiful people

    ブランドスタート時に、“大人と子供が共有できる服”
    というコンセプトの「キッズシリーズ」、
    “男性と女性が共有できる服”の
    「ボーイズライン」が話題となり
    瞬く間に人気となったブランド。
    そのため服のサイズ表記は
    130や140といったキッズ表記となっている。
    シンプルなアイテムにブランドらしい
    構築的なシルエットや個性を加えたデザインは、
    トレンドに左右されずに長く着続けることができる。
    特にブランド定番の
    ライダースジャケットやトレンチコートは、
    そのシルエットの美しさとしっかりとした作りで、
    毎シーズン品薄になるほど圧倒的な支持を得ている。

    >HYKE

    HYKE

    惜しまれつつ終了したブランド
    「green」のデザイナーであった、
    吉原秀明氏と大出由紀子氏が
    2013年に新たにスタート。
    コンセプトは「HERITAGE AND REVOLUTION」
    (服飾の歴史、遺産を自らの感性で独自に進化させる) 。
    シンプル、ベーシックアイテムに加える
    オリジナルのテキスタイルなどのアクセントは、
    中毒者が出るほど。
    またadidasやTHE NORTH FACEとのコラボアイテムは
    完売アイテムが出るなど毎回注目を集めている。

    >Acne Studios

    Acne Studios

    スウェーデン・ストックホルムに
    本拠地を置くファッションハウス。
    ファッションだけでなく、雑誌や家具、展示会など
    様々な分野で活躍するクリエイター集団の顔を持つ。
    ブランド名の「ACNE」は、
    「Ambition to Create Novel Expression
    (新しい表現をつくるという野心)」の
    頭文字をとったもの。
    2014年には、ブランド名をAcne Studiosに統一。
    北欧らしいミニマルなデザイン性と
    ラグジュアリーな雰囲気を持ち合わせており、
    いつも身につけたくなるような実用的なアイテムが魅力。