WEAR am I ?
ファッションをこよなく愛するRAGTAGスタッフが贈るファッションコラム。
長年着てきたからこそわかるブランドの魅力をたっぷりご紹介します。

WEAR am I ?

年齢、性別、人種にとらわれず、すべての人のスタイルに溶け込むブランド[UNUSED(アンユーズド)]。
知れば知るほど奥が深いブランドの魅力を、RAGTAG梅田店 中東 真城がお届けします!

WEAR am I ?
「UNUSED」

すべてのスタイルに溶け込むブランド

RAGTAG梅田店 バイヤー 中東 真城

RAGTAG梅田店  バイヤー  中東 真城

Blouson:UNUSED
Shirt:UNUSED
Pants:Maison Margiela
Shoes:SASQUATCH fabrix × VANS

[アンユーズド]を知ったきっかけ

おしゃれな先輩やショップスタッフが口をそろえて勧める「WarmGun」(2014年に惜しまれつつ閉店)というセレクトショップが大阪にあり、大学生の頃からよく通っていました。
[NUMBER NINE(ナンバーナイン)]、[SOPHNET.(ソフネット)]、[UNDER COVER(アンダーカバー)]、[SASQUATCH fabrix(サスクワッチファブリックス)]、[FACETASM(ファセッタズム)]、[Mountain Research(マウンテンリサーチ)]など、デザイン性の高いストリート系ドメスティックブランドを取り扱っている中、デザイン性の高さに加えシンプルさも併せ持った[アンユーズド]のアイテムたちに目を引かれました。
アイテム1点1点の格好良さはもちろん、スタイリングによって一層引き出されるデザインの良さと世界観に魅せられ、その頃から[アンユーズド]は好きでずっと着ています。

イメージ写真

[アンユーズド]のシャツとブルゾンでコーディネート。

古着のようで古着ではないデザイン

高校生時代は安くておしゃれな服と言うとレギュラーやヴィンテージの古着が中心でした。
今でいうファストファッションというジャンルはまだなく、それほどネットが普及していなかったので、古着屋さんやセレクトショップで色々とファッション情報を教えてもらいつつおしゃれを楽しんでいました。
そうやって古着に親しんできたことも[アンユーズド]を好きになった理由かもしれません。
[アンユーズド]は古着っぽい雰囲気がありながらも、古着独特の野暮ったさがなくスタイリッシュに着こなせます。
特別奇抜なデザインはないですが、一見するとベーシックなアイテムの中に潜む細部までこだわった職人気質な物づくりは、服好きからも認められる所以の1つ。
デザイナー自身も「古着は好きだが、ブランドをやっていく上で古着をつくるつもりはない」と話していて、長く着ていくことで古着となって残っていく物をつくりたいというブランドの想いに共感できます。

イメージ写真

ヴィンテージ古着では定番アイテム
 [アンユーズド]のスカジャンとミリタリージャケットのL-2B

スタイリスト“高橋ラムダさん”の存在

毎シーズン発表されているルックのコーディネートは、2009年から、スタイリストの高橋ラムダさんが手掛けています。
性別や年齢、人種も様々なモデルをあえて起用されていて、どんな人でもそれぞれに格好良く着こなすことができるということがスタイリングによって表現されています。
高橋ラムダさんによるレイヤードや組み合わせ、サイズ感や色使いによって、一見シンプルなデザインのアイテムたちが単体で見るのとはまた違った顔を見せます。そのスタイリングがとても魅力的で、毎シーズン発表を楽しみにしています。
ご覧になられたことのない方は、ぜひ一度見ていただきたいです。

イメージ写真

組み合わせや着る人のスタイルに合わせ様々な顔を見せるアイテムたち

[アンユーズド]の “生涯保証”

ブランドの服作りに対する姿勢が最も表れているのがこの“生涯保証”。
通常使用で破損などが生じた場合は、ブランドにリペアを依頼することができます。
洋服は長く愛用すればするほど、経年劣化などがどうしても生じてしまいます。
特にデザイン性の高い服や上質なものほど繊細な物が多いため、一般的にはあきらめてしまいがちですが、[アンユーズド]は長く愛用してほしいという想いとそれに比例するしっかりとした服作りをしていて、そんな真摯な姿勢が至る所に表れています。
「作った自分たちではなく、自分たちが作った物にフォーカスしてもらいたい」という想いでデザイナーは非公開とされていることからも、物づくりを何よりも大事にしていることが窺えます。
長く着られると分かっているからこそ、同じアイテムを色違いで購入してしまうことも。
そんなブランドにはなかなか出会えないのではないでしょうか。

イメージ写真

長く着用できるアイテムは色違いで愛用

白と黒、2色のタグが意味するもの

[アンユーズド]のタグには、白と黒の2パターンがあるのはご存知でしょうか? 白タグは製品洗いをされた「WHITE LABEL」、黒タグは製品洗いをされていない「BLACK LABEL」を意味しています。 製品洗いとは、縫製まで完了した後に商品を洗うこと。家庭での洗濯で縮むことを防止したり、風合いを出すためや肌触りを良くするために用いられます。 反対に、生地本来の風合いを生かしたい場合や、購入後に自分でその変化を楽しんでいってほしい物には、製品洗いをされていないことが多いです。 アイテムの特徴に合わせて使い分けられていて、どちらの工程で製作されているかによって購入後の楽しみ方が変わってくるのもまた、長く着ていける[アンユーズド]ならではの醍醐味のひとつです。

イメージ写真

白タグは製品洗いをされた「white label」
黒タグは製品洗いをされていない「black label」

[アンユーズド]の定番

色違いで揃えたいアイテムたち

ロングプリムハット

定期的に発売されているラビットファー100%のハットは、シンプルなデザインで
様々なコーディネートに合わせやすく
人気のアイテム。
色やサイズも豊富で何点でも
揃えたくなる一品。

ポケットTシャツ

着丈が長めに作られたカットソーは
1枚での着用はもちろん、
レイヤードスタイルに欠かせない
定番アイテム。
カラーも豊富で何枚あっても重宝します。

シャツ

無地から柄物まで、毎シーズン発売される
[アンユーズド]のシャツはマストアイテム。
カラーも豊富で、コーディネートの
主役になるデザイン。
オープンカラーシャツや長め丈のシャツは
特に人気が高い。

スタイル・年齢・性別を超えたデザイン

ストリート系の着崩したスタイルからモード系の綺麗な着こなしまで、着る人のスタイルに合わせられるデザインは、[アンユーズド]の最大の魅力。
サイズ展開も「00~4」と幅広く、アイテムの多くはユニセックスで男性でも女性でも着用できます。
また、年齢を選ばないデザインは長く愛されるブランドの共通点ですが、[アンユーズド]はデザイナーズブランドの中でもまさにその代表格。
ご自身のスタイルに合わせたコーディネートに、ぜひ取り入れてみていただきたいです!

興味を持っていただけた方は、ぜひRAGTAG梅田店、RAGTAG各店にお越しください。 お待ちしています!

イメージ写真

Tops:UNUSED / Pants:OUR LEGACY / Shoes:TENBOX  /  cap:Zepanese Club /  Stall:Needles

BRAND

ブランド紹介

UNUSED

UNUSED

2004年に設立、デザイナーは非公表。
コンセプトは「観念的な枠を取り去り、解体し、存在の新たな形の追及提案」。
古着のデザインをUNUSEDのフィルターを通して分解・再構築することで、ユーズド品のような質感や馴染みある雰囲気を持ちながらも、現代的で新しいデザイン・価値をまとった”アン・ユーズド”なアイテムが生み出される。
ルーズなシルエットや、幅広いカラーパレットが用いられており、アイテムを組み合わせることの楽しさを感じさせてくれる。