WEAR am I ?
ファッションをこよなく愛するRAGTAGスタッフが贈るファッションコラム。
長年着てきたからこそわかるブランドの魅力をたっぷりご紹介します。

WEAR am I ?

スタッフ紹介:二谷 麻衣
2013年入社、心斎橋店バイヤーの二谷です。
ヴィンテージやミリタリーなど幅広く好きで、カジュアルな服装をすることが多いです。
今後も永く愛着を持って大切にできるものに出会いたいなと思っています。

WEAR am I ?
「ARTS&SCIENCE」

Made in Japanのものづくり

RAGTAG心斎橋店 バイヤー 二谷 麻衣

RAGTAG心斎橋店 バイヤー 二谷 麻衣

Coat,Pants,Bag:ARTS&SCIENCE
Shirt:VINTAGE
Shoes:QUE shoes

[ARTS&SCIENCE(アーツ&サイエンス)]との出会い

[アーツ&サイエンス]を知ったのは RAGTAGに入社してから。
天然繊維を使ったものが好きで、長く飽きずに持っていられるブランドを探していたところ、
インスタグラムで目に留まったのが[アーツ&サイエンス]でした。

[アーツ&サイエンス]は2003年、クリエイティブディレクターを務めるソニアパークが、
「好きなものを集めてお店を出す。」と東京・代官山の路地裏に小さな店をオープン。
初めは一点物の古着も販売していましたが、
古着からインスパイアされたオリジナルの洋服作りを始め、
それがブランドのスタートとなりました。

[アーツ&サイエンス]のアイテムは、ヴィンテージショップやブランドのコレクションで
出会ったアイテムたちを元に素材を最良のものに改良して物作りをしています。
「誰かに見せるためではなく、自分が身につけて、使って満足できるものを。」
をブランドコンセプトにしており、長く着用する上で
肌に触れる素材は特にこだわりたいというデザイナーの考えを知って、
自身にぴったりだと惹かれていきました。

イメージ写真

[アーツ&サイエンス]は東京都内に7店舗、京都に4店舗あります。
何度も足を運ぶうちに、物を買うことにも京都ならではの流儀や贅沢があると気付いたソニアパーク。
買い物の場ではただ買うのではなくどう買うかも大切だと、
そんな思いから京都に惹かれて東京以外での初出店となったそうです。

京都には世界各地の職人によって作られる工芸品などを販売している「HIN ARTS&SCIENCE」や、
ジェンダーレスをコンセプトにしたクリエイターとのコラボレーション企画や
不定期イベントが開催される「&SHOP」などがあり、足を運ぶだけで楽しい印象的な空間でした。

イメージ写真

[アーツ&サイエンス]の魅力

コットン。リネン。シルク。カシミヤ。ウール。レザー。
[アーツ&サイエンス]のほとんどのアイテムには
これらの天然繊維が使用されています。
また、生地から縫製まで国内で行われており、
失われる日本の技術を伝えていくために各地の産地と協力して
素材を作るところから物作りをしています。
染色加工もおこなっており、経年変化を楽しめるのも魅力の一つです。

イメージ写真

こちらのバッグは、定番のDyed Leather Tote Bagです。
くったりしたワンショルダーのデザインで、
よく見ると分かるフロントに押印されたブランドマークが
さりげないアクセントになっています。
内側は内ポケットが一つだけと究極にシンプル!
シンプルだからこそ光る素材の良さがあります。
さらに、持ってみると存在感があり、コーディネートを引き立ててくれます。

イメージ写真

[アーツ&サイエンス]お気に入りアイテム

Cotton Long Coat

たっぷりと空気をはらんだ、コットン素材を使用したロングコート。 余計なディテールのないシンプルなデザインが素材の良さを引き立てます。

Dyed Leather Tote Bag

シーズン毎に、オリジナルのコレクションイメージに合わせたカラー展開をしているDyed Leatherシリーズのワンショルダーバッグ。シワ感を出したラフな風合いが魅力です。2017年秋冬のキーカラーは「jungle green」で、グリーンやレッドカラーのバッグがありましたが、私は定番のブラック「inkblack」を購入しました。

Jabara short wallet

こちらもシーズン毎に素材やカラー展開をしている財布。伝統的なベジタブルタンニン鞣しにオイルを加え、革本来の毛穴やシワなど自然な風合いを生かしています。バッグ同様、使い込むうちに艶が増して経年変化を楽しめます。

[アーツ&サイエンス]に挑戦してみたい方へ

シーズンごとにカラー展開やマイナーチェンジはされていますが、
どのシーズンの物とも合わせやすい
ベーシックなデザインや定番アイテムが多い[アーツ&サイエンス]。
時が経ちその表情が変わっても作り手の想いを感じつつ
永く寄り添っていけるので、私も愛用しているブランドです。
ナチュラルなブランドが沢山存在する中、
[アーツ&サイエンス]はどこか違った唯一無二の雰囲気があります。
ファーストアイテムには、値段もお手頃でデイリー使いしやすい
小物類から取り入れていただくのもおすすめです。
ぜひ一度[アーツ&サイエンス]に触れてみてください。

イメージ写真

BRAND

ブランド紹介

ARTS&SCIENCE

ARTS&SCIENCE

スタイリストであるソニア・パークが2003年に立ち上げたブランド。
コンセプトは「人が袖を通し、
時を経ることでさらに魅力を増すような物作り」。
どこか懐かしさを感じさせるオーガニックで温かみのある色合い、
ヴィンテージ風のデザインで、多くのアイテムを縫製のみならず生地、
染色に至るまで日本で生産している。
熱い物作りへの姿勢は本物を知る
ファッション感度の高い人から支持を得ている。
空気感を纏うという一言がしっくりくる唯一無二のブランド。
ショップではライフスタイルすべてのシーンにおいて活躍できる
アイテムをセレクションしている。