夏のシンプルコーデに映える<シルバーリング>


こんにちは!

いつもブログをご愛読していただきありがとうございます。

心斎橋店の小林です!

西日本では梅雨も明けつつあり、連日夏本番のような暑さが続いています。

そんな本日は、夏のシンプルなコーディネートにも映える、シルバーリングが入荷しましたので、ご紹介させていただきます。


B9550A7B-67BD-433E-880D-7223B371B883.jpeg

右:HOORSENBUHS<ファントム>、左:GUCCI<インターロッキング>

素材はどちらもシルバー925。

使い込むほどに風合いも増し、手入れも簡単でオススメの素材です。

<シルバー925とは>

92.5%が純銀で出来ているということを表しています。

なぜ100%で作らないかというと、銀の性質上100%で作ると柔らかくてアクセサリーには少し不向きだからです。

そこで銅などの他の金属を混ぜて合金にすることで強度が増し、アクセサリーとして使えるようにしています。

171685CE-08C3-43D8-B607-0FEF18D9766F.jpeg

HOORSENBUHS/¥34,600(税込)


クリエイティブディレクターであるロバート・G・キースが、カリフォルニアを拠点にスタートした、ファインジュエリーブランドです。

現在では世界中のファッション、音楽関係者をはじめ、感度の高いセレブリティから絶大なる支持を獲得しています。

HOORSENBUHSでは大量生産はしておらず、職人が全てハンドメイドで作っています。手作業だからこそ表現できる細部のディティールが支持されている理由。

こちらのファントムリングはトライリンクモチーフを単純化した、さらにシャープな印象のジュエリーに仕上げています。

ボリュームあるシルバーの存在感で相当迫力あるジュエリーながら、抜け感のあるフォルムによってで大げさになりすぎません。

40B93E10-357F-4D4A-936D-49409F7ED453.jpeg

GUCCI/¥19,800(税込)/サイズ 21号
オンラインショップで見る

1953年に創業者グッチオが他界した後、偉大な父への敬意を表して息子のアルドが発表したのが、こちらのインターロッキングです。

今ではバッグ、靴、シルクやニット製品、アクセサリーなど幅広いアイテムを展開しているGUCCIですが、始まりは革製品を扱う会社でした。

ブランドを象徴するロゴアイテム。

是非GUCCIの歴史と気品を指元にプラスしてみてはいかがでしょうか?

00A60430-D905-4034-A6D0-5B8371A40136.jpeg

私も普段からシルバーリングを着けています!

Tifany&Co ※全てスタッフ私物


いかがでしたか?

みなさんも是非この夏はシルバーリングをお楽しみください。

ご来店を心よりお待ちしております。