CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン

RAGTAG STAFF 1週間コーディネート 1WEEK FASHION COORDINATE オシャレを愛するRAGTAGスタッフが、私物とRAGTAG店舗の商品で1週間コーディネート。

オシャレを愛するRAGTAGスタッフが、
私服とRAGTAG店舗の商品で1週間コーディネート

RAGTAG なんばパークス店 店長
中村 尚史

2013年入社、2015年よりバイヤー。2018年から「なんばパークス店」店長。両親の影響で幼少の時から服好きで、裏原ブーム時代にストリートブランドを入り口に様々なブランドに出会う。ぶれないコンセプトやデザイナーの想いがこもったブランドが好き。

DAY 1

「流行に左右されないモノづくりを続けるブランドを軸に全体をコーディネート。[ネメス]の縄柄が全面プリントされたコートを主役に、ワークパンツの面積をコートの丈で隠し、野暮ったさを軽減しました」

コート (NEMETH) / タートル (AURALEE / パンツ(TENDERLOIN) / シューズ (CELINE)

DAY 2

「[タカヒロミヤシタザソロイスト]のパジャマセットアップをベースに、ロングシャツとパイレーツブーツでモード感をプラス。モノトーンで統一し、ジャケットのカッティングやパターン使いを強調しました」

ジャケット (TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.) / パンツ(TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.) ¥19,100 / シャツ (UNUSED) / シューズ (ANN DEMEULEMEESTER) ¥25,300

DAY 3

「自分にとってのデザイナーズブランドの原点にして頂点である[ナンバーナイン]。自分が持っているこの時期のお気に入りでコーディネートしました。カート・コバーンをオマージュしたグランジスタイルは今も支持され続けています」

ジャケット・パンツ・T シャツ・シューズ (すべて NUMBER(N)INE Takahiro Miyashita)

DAY 4

「ロンドンのキングスロード本店で購入した[ワールズエンド]のアナーキーシャツをベースにパンクスタイルでコーディネート。クラッシュデニムと厚底の短靴をブラックでまとめ、シャツを主役に」

シャツ (Worlds End) / パンツ (UNDERCOVER) / 腕章 (Worlds End) / 靴 (COMME des GARÇONS HOMME PLUS) ¥18,400

DAY 5

「エディ・スリマンの[サンローラン]をベースにしたロックスタイル。アンクル丈でソックスを覗かせ個性をプラスし、クラック加工のライダースのハードなイメージを抑えてすっきりとした印象に」

ライダース (SAINT LAURENT PARIS) / パンツ (SAINT LAURENT PARIS) / シャツ (NUMBER (N)INE Takahiro Miyashita) / 靴 (SAINT LAURENT PARIS)

DAY 6

「ワークなアメリカンクラシックをベースに、B.D シャツとネクタイでトラッド要素をプラスし上品な印象に。ワイドシルエットのデニムパンツも、ショート丈デニムジャケットとロールアップでバランスを」

ジャケット (AtLast&Co) / シャツ (Supreme × THOM BROWNE)¥14,800 / サスペンダー (AtLast&Co) / ネクタイ (The Stylist Japan × TENDERLOIN) / 靴 (TAKAHIROMIYASHITA The Soloist.)

DAY 7

「刺繍セットアップをベースに、スケーターソックスとボリュームあるスニーカーでラグジュアリーストリート風に。マリリン・モンロー転写の名作ブルゾンを合わせてパンツのシルエットを強調しました」

ブルゾン (DRIES VAN NOTEN) / シャツ (PHENOMENON) / パンツ (PHENOMENON) / 靴 (Fear OF GOD) ¥34,600

※ プライスが表記されているものは全てRAGTAGでの販売価格です。売り切れや価格に変動があるものもございますので、予めご了承ください。
※ プライス表記のないものはスタッフ本人の私物です。

CLOSETトップページに戻る