CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン

RAGTAG100 POP UP SELECTED BY...とは
RAGTAG が主催するポップアップ形式のイベント。

毎回ゲストセレクターとしてスタイリストやファッション好きのクリエイターを招聘し、それぞれが設定したテーマのもと、常時約30万点に及ぶRAGTAG の膨大な在庫の中から100着をセレクト。期間限定の店頭ポップアップと一部オンラインでも販売いたします。

    (左)井田信之さん(右)井田正明さん

新企画「RAGTAG100」の記念すべき初回ゲストセレクターは、スタイリストの井田信之さんと井田正明さん。双子で職業スタイリストという珍しいお二人。通常は個別で活動していますが、ファッションにかける強い情熱も、好きなテイストも非常に近く、時にはお互いをカバーしながらお仕事をすることも。それぞれファッションのメディアを中心に、ランウェイや広告、カタログの世界で幅広く活躍されています。

二人が今回の「RAGTAG100」のテーマに設定したのは、シンプルに「いま、気になる古着たち」。その中で「一着で主役になれる古着」、「スタンダードな中にも新鮮さのある古着」、「改めて価値を見出したい90年代〜2000年代古着」といった軸の中から100着をチョイスしていただきました!

INTERVIEW


■最近は古着を買うことの方が増えてきた

— お二人がスタイリストを目指したのはいつ頃ですか?

信之 : 僕らが中学生の頃、一大スタイリストブームだったんです。当時のファッション雑誌には、祐真朋樹さんや野口強さん、その他たくさんのスタイリストさんが出ていて。

正明 : みんなジャンルは違うけど、当時カッコいい人はみんなスタイリストでしたね。僕らは流行っていたものもチェックはしていたけど、二人とも天邪鬼だったし、二人で「コレとコレを組み合わせたら面白いんじゃない?」とか、自然にやっていたのが今に繋がっています。

— 好きなものは大体二人とも揃っていたんですか?

二人 : ずっと揃ってます。

正明 : その中でも「これカッコいいな。でもこれは信之で、これは正明だよな」って枝分かれもあって。

— お二人と古着の関係をお聞きしたいのですが、ちなみに最近は新品と古着、どちらを買っていますか?

信之 : 僕は新品と古着半々ですね。

正明 : 僕は最近古着の方が多いです。買った20アイテムのうち、15アイテムくらいが古着。ブランド古着も見ますし、東京の古着屋さんをあちこち。インスタで見て気になるところに行きますね。

信之 : 僕は新品とアーカイブをセレクトしているお店でよく買い物しています。あとは僕らと同い年くらいのオーナーが、独自の目線で選んでいるお店。そしてメルカリ、ヤフオク、 RAGTAG もチェックしています。

— それはお仕事のリサーチですか? それとも完全なプライベート?

正明 : 僕らは単純に、本当に洋服が好きなんです。僕らもそうだし、今、若い世代もみんなが古着を買うのは、“ 自分の価値観で洋服を着たい” というのと、「今これを着てる人いないでしょ?」という、人と被らない楽しさだと思います。トレンドのブランドも着るけど、匿名性の高い、誰も分からないようなブランドを合わせたり。それが古着だと見つかるんですよね。

信之 : そう。だから最近は僕らよりも若い世代の、20代前半のオシャレな人たちの服装をチェックしていますね。

正明 : モードは打ち出しされた“ 時代” じゃないですか。でも古着は昔のミュージシャンにインスパイアされたりとか、今のモードやカルチャーも含めて選べる楽しさがあります。僕らは情報が入りすぎている部分があるけど、若い世代ほど単に「このデザイン、カッコよくない?」って選べるのがいいですよね。

— 今は古着の中でも価値観が多様化していますよね。何がアリで何がナシなのかの基準すら曖昧な面白さがありますよね。

二人 : そう、それなんです。

信之 : あとは単純に金額もありますよね。

正明 : そうだよね。30万円のジャケット着て「俺イケてるでしょ」っていう時代でもないというか。

信之 : 普通に買ったら何十万円とかしちゃうところを半額以下で買えたりする。昔は新品やヴィンテージに高いお金を払って、それがステータスみたいになっていたけど、時代の流れもあって、今の若い人たちはお金をかけなくてもすごくオシャレだと思って見ています。

正明 : 少し昔はルールがあった中で崩さなきゃダメだよ、みたいなのがありましたけど、今はもっと自由ですよね。

— お二人はRAGTAG で買い物をすることはありますか?

信之 : 僕は結構昔から買ってますね。[コム デ ギャルソン]とか揃っているので。

■似ているようで違う、二人の洋服観

— 噂では、お二人はもう古着屋さんを開けるくらい服を持っていると聞いたことがあります。

正明 : もう……ヤバいです。今月だけで15着くらい買ってるし(笑)。

信之 : 正明が着ない服が多すぎて、僕が心配ですよ(笑)。

— 売ったりはしないですか?

正明 : 僕はあんまり売らないんです。いつも新鮮な気持ちでいたいので、先週の格好に何かをプラスしたりするんです。だから常にストックが必要で。

— 最後に、二人が「服を選ぶ時の絶対基準」は?

正明 : 僕は単純に、“ 自分が楽しくなるか”。シンプルな洋服でも派手な洋服でも、いかに自分が楽しめるかです。そして、いつもどこかナナメに見ていいて、時代を見た上で、少し早い外(はず)しを楽しんでいます。

信之 : 僕はあえて毎シーズン違う方向性のものを買っています。毎回違うジャンルの服を買うので、チャレンジみたいなものですね。ナヨっとしたものの次はオタクっぽいもの、今度はモード、次はシンプルな服とか。常に自分に足りないものを足している感じです。


PROFILE

井田信之(いだ のぶゆき)さん スタイリスト
1986年6月30日生まれ。2009年に独立し、
ファッションメディアやカタログを中心に活躍中。

井田正明(いだ まさあき)さん スタイリスト
1986年6月30日生まれ。2011年に独立し、
ファッションメディアやカタログを中心に活躍中。

RAGTAG100 POP UP SELECTED BY
井田信之&井田正明 スタイリスト

期間 : 2021年6月18日(金)〜6月27日(日)
開催店舗 : RAGTAG渋谷店
※6月21日(月)からRAGTAG ONLINEでも一部商品を販売いたします。
すべて古着一点物のため、売り切れ次第終了となります。

RAGTAG 100 POP UP SELECTED
BY 井田信之&正明のアイテムはこちら

一着で主役になれる古着

スタンダードな中にも新鮮さのある古着

改めて価値を見出したい90年代〜2000年代古着


CLOSETトップページに戻る