シューズブランドセレクション

シューズブランドセレクション

女性のファッションにとってステータスとなる存在のシューズ。
洗練されたデザイン、かつ、靴作りにこだわり、
高い機能性も実現させたシューズブランドを集めました。
ぜひご覧ください。

BRAND LINE UP

    >Christian Louboutin

    Christian Louboutin

    1992年、パリで創業。
    靴底をマニキュアで赤く塗ったことから始まった
    「レッドソール」がアイコンで、
    今や世界中の女性が憧れる後姿といえる。
    ハイヒールをメインに扱い、中でも代表的なモデルは、
    ラウンドトゥで女性らしい丸みが用途を選ばない大定番のSimple Pumbや
    ポインテッドトゥのシャープな印象で、パンツスタイルにもおすすめなPigalleなど。
    全てを通して言えるのは、履いたときにスッと背筋が伸びるような高さと安定感。
    近年では、全面にスタッズが散りばめられたスニーカーも、男女問わず人気を博している。
    「とっておきの靴がほしい」と思ったら、まずチェックするべきブランド。

    >MANOLO BLAHNIK

    MANOLO BLAHNIK

    1973年、ロンドンの旗艦店からスタート。
    デザイナーは、農園で育ち、大学で美術を学び舞台芸術家を志しながらも、
    有名ファッション誌「VOGUE」の編集長に靴のデザイナーの道を進められ、
    現在に至るという異例の経歴の持ち主。
    製造は靴の本場であるイタリアの工場で行い、
    デザインの仕上げはアートに精通しているMANOLO BLAHNIK自身が行うことで、
    デコラティブで繊細なデザインが完成する。
    ツンととがったポインテッドトゥに華奢なラインのヒール、
    リボンやレースなどを組み合わせたMANOLO BLAHNIKのデザインは、
    華奢で繊細ながら芯の強い、そんな女性らしさを際立たせてくれる。

    >JIMMY CHOO

    JIMMY CHOO

    靴職人の父を持つジミーチュウが1996年に始めたブランド。
    特徴は華奢なピンヒールに支えられたエレガントな見た目からは
    想像もできないような履き心地の良さ。
    そのフィット感は「奇跡」とも称され
    忙しく走り回るファッションアイコン達のマストハブアイテムになっている。
    レザーやスタッズなどでモードに仕上げたスニーカーも人気が高く、遊び心がありつつも
    セクシーさを忘れないデザインで、コーディネートを格上げしてくれる。

    >GIUSEPPE ZANOTTI DESIGN

    GIUSEPPE ZANOTTI DESIGN

    ジュゼッペ・ザノッティが1994年に自身の名を冠し、イタリアで設立。
    工芸の盛んな町に生まれたザノッティは、
    靴づくりを手掛ける小さな企業でデザイナーとして働きつつ、
    夜はDJとして自身のクリエイティビティを発揮。
    後に自身のブランドを立ち上げてからは、
    工芸の町と音楽の世界で培った想像力と技術で、
    繊細な刺繍の装飾やジュエリーのようなデザインを数多く発表する。
    クロコダイルなどの高級素材をもちい、ユニークな造形が多いことが特徴で、
    芸術品をまとっているような非日常のデザインを、確かな技術で日常のコーディネートに落とし込んでくれる。

    >PIERRE HARDY

    PIERRE HARDY

    1999年、フランスで創立。
    同名のデザイナーは、Christian DiorやHERMESなど、
    一流ブランドで靴をデザインした経歴をもち、
    ファッション教育の世界でも教鞭をとるなど、
    シューズデザイナーとして確かな腕と権威を持つ。
    メタリックな素材使いや独特なカラーリングを得意とし、
    モードスタイルに相性抜群のブランド。
    スニーカーも人気が高く、レザーのベースに、
    ジップ使いやベルクロなどがアクセントとなったデザインは、
    シンプルながらも確かな存在感を放ち、印象的な足元を作り上げてくれる

    >FABIO RUSCONI

    FABIO RUSCONI

    世界中のショップでこぞってセレクトされている、イタリアのシューズブランド。
    ターゲットは若く行動的で洗練された女性。
    そのシーズンのトレンドはFABIO RUSCONIのコレクションを見ればわかるほど。
    トレンドの中にも、素材や色使いに独自のセンスが光る。
    インポートシューズには珍しく、ワイズが広めなものも多く、
    日本人の足に合うのも魅力的。
    質が高い上にコストパフォーマンスに優れ、トレンドデザインを足元から気軽に、
    かつ上質に取り入れることができる。

    >PELLICO

    PELLICO

    1963年に創業したイタリアのシューズファクトリーブランド。
    上質な素材と高い職人技術によって製造されるシューズは、
    ベーシックな中にもトレンドを押さえたデザインで人気が高い。
    女性らしく繊細なカッティング等計算されたフォルムは、
    履く人の足を美しくみせてくれる。
    2010年よりスタートしたディフュージョンライン“PELLICO SUNNY”は
    PELLICOのエレガンスな部分に遊びを加え、
    ジュートサンダル、ブーツを中心に展開。
    カジュアルなスタイリングからオフィスシーンまで活躍してくれるブランド。