CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン

BUYER'S VOICE RAGTAGバイヤーのファッション偏愛をお届け!

RAGTAGスタッフもお客さまと同じくらいファッションが大好き。
このコーナーでは、豊富なファッション知識を持つバイヤーたちが、
自ら偏愛するブランドやアイテムをご紹介します。

私の好きなブランド、あのアイテム

NEEDLES の
トラックパンツ

RAGTAG 名古屋パルコ店 バイヤー 後藤 祐貴

■古着好きが好きになるブランド

学生時代は古着にどっぷりと浸かり、派手で個性的な、他の人とできるだけ被らないものを好んで着ていました。入社後は、新品の持つクリーンな雰囲気にハマり、主にベーシックなブランドを好んでいましたが、どこか物足りなさを覚えたタイミングでこの[Needles(ニードルズ)]というブランドに出会いました。古着にはない洗練されたデザイン性、一目でこのブランドの服だと分かる独創的な雰囲気に衝撃を受けたのを覚えています。

■トラックパンツの斬新な着こなし

こちらが[ニードルズ]定番のトラックパンツ。特徴的なサイドラインはジャガード織りで、センタークリースが入っているので上品な印象に。(バイヤー後藤私物)

ブランドのアイコン的位置付けにあるトラックパンツは、いわゆる「ジャージ」です。昨今のメンズファッションにおけるスポーツミックスというビッグトレンドの中、キーアイテムとして定着しましたが、[ニードルズ]ではその何年も前からリリースされている定番アイテム。毎シーズンのルックにおいても、トラックパンツを非常にクールにスタイリング提案しています。デザイナーの清水慶三氏は、このトラックパンツにシャツや綺麗なニット、そして足元に革靴といった着方をされるそう。その斬新な着こなしが恰好良く、私も影響を受けた一人です。本来トラックパンツはスポーティーなイメージが強いので、綺麗な印象のアイテムとは真逆に位置するアイテム。それを絶妙なバランスで提案できるのは、「ネペンテス」でファッション業界を牽引してきた清水氏だからこそできる技だと思います。

■アイテムとしての魅力

[ニードルズ]のトラックパンツは、モダンな雰囲気が絶妙で、一般的なトラックパンツとは一線を画した世界観を感じることができるアイテムです。例えばフロントは、生地をつまんでセンタークリース“風”にすることで、ジャージでありながらスラックスのような上品な顔に。センタークリースはヴインテージの[adidas(アディダス)]のトラックパンツにも見られるデザインです。そして中でも目を惹くのがサイドライン。このラインがプリントではなく、ジャガード織りというのがポイントです。また太もも付近には、艶やかな大人の色気を演出するブランドアイコンのパピヨン刺繍。この位置も絶妙で、動きによってチラッと見えるように計算されていたりと、シンプルなデザインながらも独創性を感じることができます。

■“セオリーを否定してくれる”

[ニードルズ]のルックは時にアメカジ、またある時はオリエンタルに振るなど、シーズンによってイメージの異なるテーマを設けています。トラックパンツをはじめ、良い意味でセオリーを崩したアプローチも刺激的です。常に新しい自分を発見できるブランドなので、これから歳を重ねても着続けたいと思っています。

後藤 祐貴

2013年入社。2018年よりバイヤー。好きなものは、個性派ブランドや背景を感じることができるブランド。トレンドに個性をプラスしたスタイリングが得意。

CLOSETトップページに戻る