CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン

BUYER'S VOICE RAGTAGバイヤーのファッション偏愛をお届け!

RAGTAGスタッフもお客さまと同じくらいファッションが大好き。
このコーナーでは、豊富なファッション知識を持つバイヤーたちが、
自ら偏愛するブランドやアイテムをご紹介します。

私の好きなブランド、あのアイテム

AURALEE の
袖を通すたびに気分が上がる服

RAGTAG新宿マルイアネックス店 店長 池川真由美

普段からシンプルな中にデザイン性があり、おしゃれに見えるお洋服が好き。それにちょうどマッチしたのが[AURALEE(オーラリー)]でした。はまるととことん揃えたくなる性分で、カットソーや定番のスウェット、コートなど数々のアイテムに挑戦してきました。

■毎日着たい、ブランドの色のあるお洋服

着心地のよさ、こだわりの素材、落ち着いた色合い。毎日でも着やすいシンプルなアイテムなのに、一目で[オーラリー]とわかる絶妙なデザイン。袖を通すたびに気分を高めてくれるのが[オーラリー]の魅力です。
そんな私のファースト[オーラリー]は白のTシャツ。最初はTシャツのシルエットの美しさに惹かれました。着てみると薄手の柔らかい生地の着心地の良さや、何気なく着ても様になることに感激しお気に入りに。初めて買ったときの気持ちを覚えていられる、わくわく感が続くブランドっていいな、と思います。

■「女性らしいけれど、格好いい」
男前な服作りと女性らしさがみえるデザイン

↑2020年春夏シーズンのダブルフェイス チェックワンピース

男性デザイナーが女性の服を作るのは珍しいことではないですが、[オーラリー]は男性デザイナーだからといってメンズライクな作りではないので、女性が着てもやぼったくなりません。「女性らしいけれど、格好いい」という表現が一番しっくりくる気がします。
このチェックワンピースはスタンドカラーのクールな作りに、深めのスリットが女性らしさを出してくれる、お気に入りの一枚。[オーラリー]のデザイナーの岩井良太さんは、デザイン先行ではなく素材やテキスタイル選びから服をつくるそうですが、まさにこれも素材への探求心が表れています。カジュアルブランドではあまり使用しないであろう、スーツなどで見られる最高級ウール素材の「SUPER120's」を使用することで贅沢で上品な雰囲気に。ワンピースとしてだけでなく、羽織としても使えるので、着まわせて大活躍の逸品です。[オーラリー]の中でもこのスタンドカラーワンピースは定番なので、色違いや冬仕様のものも集めたくなります。

■「今の気分」と「ベーシック」のバランス

↑2019年発売のビッグシルエットのトレンチコート

トレンチコートのような普遍的なアイテムも[オーラリー]が作れば今の気分にぴったり合う一着に。太いアームホールの前ぶりの袖、足首まであるたっぷりとした着丈。バサッと羽織るだけで洗練された着こなしに仕上がります。素材にも先染めの細番手のフィンクスコットンを高密度に織り上げたウェザークロスを使うことで、上品なハリと光沢感のある、シャツのように軽い着心地がほかにはない魅力になっています。[オーラリー]はトレンドを取り入れながら長く愛用できる普遍的なデザインのものばかりなので、毎シーズンチェックしています。

■トレンドを追い求めるだけでなくこだわりの一着を揃えていきたいなら……

デザインだけでなく素材へのこだわりがあるからこそ、着てみてさらにその良さを実感できるのが[オーラリー]。長く愛せる着心地の良いブランドをお探しならば、[オーラリー]に挑戦してみてください。着たときのうれしさや、わくわく感を感じられるよう、ご案内ができればうれしいです。

dress:AURALEE
tops:HAKUJI
shoes:repetto

池川真由美

2014年入社 バイヤー歴5年目。2019年より新宿マルイアネックス店店長。お洋服の悩みや新しい発見をするお手伝いをすることで、お客さまに喜んでいただきたく、ファッションの情報にアンテナを張って、魅力的にご案内できるようさらに知識に磨きをかけています!

BUYER'S VOICE

CLOSETトップページに戻る