CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン

BUYER'S VOICE RAGTAGバイヤーのファッション偏愛をお届け!

RAGTAGスタッフもお客さまと同じくらいファッションが大好き。
このコーナーでは、豊富なファッション知識を持つバイヤーたちが、
自ら偏愛するブランドやアイテムをご紹介します。

私の好きなブランド、あのアイテム

77circa の
リメイクフィッシャーマンニット

RAGTAG 下北沢店 店長 籔内 智世

■77circa(77サーカ)との出会い

私が初めて[77(ナナナナ) サーカ]を手に取ったのは「BEAMS(ビームス)」でお買い物をしていた時のこと。マネキンボディが着用していたロングTシャツが可愛くて一目惚れしました。そのときにこれがリメイクブランドであること、同じ型でもプリントや柄が一点一点違っていることを知り興味が湧きました。さっそく店頭に出していなかったものも全部見せていただき、ワクワクしながら悩んだことを思い出します。そんな一点一点が少しずつ違うからこそ、他のブランド以上にこだわって選んでしまうのが[77サーカ]です。

■古着を現代的に着こなせるシルエット

[77サーカ]の魅力は、古着の渋さを生かしながらも現代的に、そして今のスタイリングにぴったりハマるデザインになっていること。古着は学生時代から好きでしたが、うまく組み合わせないと野暮ったさも少し残ってしまい、コーディネートに取り入れるのに難しさも感じていました。そして[77サーカ]の代名詞ともいえるのが、大胆なビッグシルエット。ただ大きいのではなく、女性の華奢な身体にもぴったりハマり、綺麗に見せてくれるシルエットになっており、着た時にはつい自分でも見とれてしまいます(笑)。その独自のシルエットこそが『古着をおしゃれに着こなしたい』というわがままを叶えてくれるポイントだと思います。

■フィッシャーマンニットのリメイク

[77サーカ]は、主にアメリカで仕入れた80~90年代の古着を土台にしています。大きなサイズのものを縮めたり、異素材を組み合わせたりして、男性デザイナーならではの視点で女性が魅力的に見えるリメイクアイテムを生み出しています。私のお気に入りアイテムのフィッシャーマンニットのリメイクも、古着の良さが感じられる一着。身頃部分にはフィッシャーマンニット特有の網目模様が立体的に施されており、肉厚で硬い肌触り。決して「肌触りが良い」とは言えないですが、その古着ならではの風合いが気に入っています。温かみのあるノルディック柄のニットと組み合わされているのもほっこり。こちらもビッグシルエットが特徴的なデザインで、肉厚な硬いニット生地も女性らしく昇華されています。

■サスティナビリティへの入り口として

近年ファッション業界では「サスティナビリティ」がキーワードとなっており、古着やリメイクアイテムがより注目されるようになっています。普段古着を着たことない人にこそ、気軽に古着を取り入れるのにぴったりなブランドだと思うので、興味がある方はぜひ手に取ってみていただきたいです。2020年秋冬からはメンズのコレクションも始まり、私自身メンズブランドもいつもコーディネートに取り入れているので、絶対見に行かないと! と思っています。まだ実物に触れてはいないのですが、インスタグラムでチェックしながら想像を膨らませて楽しんでいます。

籔内 智世

2016年入社。バイヤー歴は3年目。ワークテイストをミックスしたスタイリングが得意。「一人ひとりのお客さまとじっくり向き合い、アットホームな雰囲気での接客を心がけています」

BUYER'S VOICE

CLOSETトップページに戻る