CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン

BUYER'S VOICE RAGTAGバイヤーのファッション偏愛をお届け!

RAGTAGスタッフもお客さまと同じくらいファッションが大好き。
このコーナーでは、豊富なファッション知識を持つバイヤーたちが、
自ら偏愛するブランドやアイテムをご紹介します。

私の好きなブランド、あのアイテム

CELINEの
”フィービー・ファイロが生んだ名作”

事業推進チーム 田村 美智代

■[CELINE(セリーヌ)]のフィービー期

1945年創業の歴史あるブランド[セリーヌ]。2008年から2017年までの9年間が、フィービー・ファイロが[セリーヌ]のクリエイティブディレクターを務めた、いわゆる「フィービー期」です。フィービーの創る[セリーヌ]は、一言で表すなら「ミニマル」。誰か他の人の目を引き付けるためのデザインではなく、着る人のためのデザインなのです。
フィービーは先のトレンドを予測するというより、トレンドを自ら作り出していたように感じます。スキニーパンツが流行している時にワイドパンツを提案したり、時代に即していなかったミディ丈のスカートを復活させたりと、女性たちのファッションに大きな影響を及ぼしてきました。
フィービーが着任する以前の[セリーヌ]は、デザイナーが定着せずにいたこともあり人気が低迷していました。しかしフィービー着任後は、シンプルながらも洗練されたデザインで、ブランドをモードなイメージに一新させました。特に印象的なアイテムは、マニッシュなシャツや、ワイドパンツ、オーバーシルエットのニットです。
余談ですが、フィービーデザインとなり、[セリーヌ]の売上が3~4倍にも伸びたと言われています。

■フィービー・ファイロが生み出した名品

フィービー・ファイロはイギリス出身のデザイナーで、[セリーヌ]の前は[Chloe(クロエ)]のクリエイティブディレクターでした。1997年、ステラ・マッカートニーが[クロエ]のクリエイティブディレクターに着任した際にアシスタントを務め、その後2001年からは後任として就任。 “パディントン”等、多くの名作が誕生し、毎シーズン、完売してしまうアイテムも多数ありました。[クロエ]もまた、フィービーによりブランドイメージが若々しく一新され、人気ブランドへとなっていったのです。
フィービーは、「少ないことは豊かなこと(Less is More)」という美学を表現しています。 [セリーヌ]を退任する最後のコレクションでは、「飾らず、そのままで」というメッセージを残していますが、まさにこのメッセージが世の女性に洋服を通して伝えたいことなのではないでしょうか。
そんなフィービーが生み出した名作、いくつかご紹介させていただきます。

2010年に発売された名品“クロンビーコート”。クロンビーコートとは、チェスターコートの別名です。発売後は、シーズン毎に素材・色を変え、[セリーヌ]の定番アイテムとなりました。
チェスターコートの理想形といわれる形で、しっかりとしたウールメルトン素材に総シルク裏地の贅沢な一品で、フィービー自身も愛用していたデザインです。
定番デザインのため、時代を経ても古臭くならない、“一生もの”ともいえる名品です。

ライダースジャケットも、フィービー期の定番アイテムの一つ。通常ハードな印象のライダースジャケットですが、上質で柔らかいラムレザーを使用することで、甘辛な調和がとれております。こちらのブラウンのほかにも柔らかな印象のカーキや王道のブラックなど豊富なカラーバリエーションも女性が着やすいポイント。細かな切り替えやステッチ、鮮やかな赤の裏地など、うっとりするような芸術的デザインです。フィービー自身はもちろん、名だたるファッショニスタが着用し、女性たちの憧れのアイテムでした。後任のエディ・スリマンもライダースジャケットは出していますが、エレガントさはありつつもエディらしいロックで洗練された細身のシルエットで、フィービーの女性ならではのデザインとはまた別モノといえます。

シルバーのメタルヒールが特徴のBambam(バンバン)シリーズのシューズ。 正直なところ履くと若干重めですが、このヒールとレザーの組み合わせが絶妙なバランスで、ハードな印象になりそうなメタルヒールでも上品な印象をあたえてくれます。
靴は、”バンバン”以外にもバレエシューズ風のバレリーナや、フラットサンダルトレンドの先駆けとなったアグリーサンダル等、多くの名作があります。

この他にも、フィービー期のアイテムは今もSNSで「#oldceline」と投稿する人が絶えず、多くの女性に支持されています。以前のデザイナーのアイテムが手に入るのもRAGTAGでの買い物の良さ。ぜひフィービー期の[セリーヌ]を探してみてくださいね。

田村 美智代

2000年入社。バイヤー歴は15年以上。学生時代よりブランド物のお洋服の魅力にとりつかれ、「好きなことを仕事に」と入社。本当にいいものを世の中に広めたいと、日々奮闘中です。

BUYER'S VOICE

CLOSETトップページに戻る