CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン

BUYER'S VOICE RAGTAGバイヤーのファッション偏愛をお届け!

RAGTAGスタッフもお客さまと同じくらいファッションが大好き。
このコーナーでは、豊富なファッション知識を持つバイヤーたちが、
自ら偏愛するブランドやアイテムをご紹介します。

私の好きなブランド、あのアイテム

HYKE、HYKE×THE NORTH FACE の
ミリタリーコート

RAGTAG福岡店 バイヤー 花岡 真衣

■ミリタリーを上品に着られる驚き

カジュアル・モード・ミリタリー・ワーク…このブランドを表すのにぴったりなジャンルが見当たらない。そんな絶妙なバランスで成り立っているのがこの[HYKE(ハイク)]というブランドだと思います。コンセプトは、「HERITAGE AND EVOLUTION」。前身ブランド[green(グリーン)]から一貫し、デザイナ-の吉原秀明・大出由紀子の二人が大好きな「古着のユニフォーム」からインスピレーションを得たアイテムを発表し続けています。古着にしかない粗い風合いの生地感、時代や用途に合わせた素材・機能などの「服飾の歴史、遺産」を丁寧に紐解き、デザイナーの感性で再構築し「進化」させる、徹底したモノづくり精神を感じさせるブランドです。入社当初ブランド自体を知らなかった私ですが、学生時代に、何十年も前の時代につくられた生地や服への魅力を感じて古着屋さんに通っていたこともあり、[ハイク]の成り立ちや独特の風合いを知ってからはブランドに魅了されていきました。初めての出会いで「こんなに上品なのに、ミリタリーアイテムを元ネタにしているの?!」と驚いたように、今でも、ミリタリーアイテムを洗練されたクリーンな空気感で再現できるデザイン力に、毎回心を奪われます。

■話題をさらったコラボ

今回ご紹介するのは、[ハイク]とアウトドアブランド[THE NORTH FACE(ザノースフェイス)]がコラボレーションした際のアイテム「GTX Military Coat」、レアアイテムです!
コラボレーションの第三弾目として2019年春夏シーズンに出たものですが、コラボレーションの中で初めてメンズアイテムを発表したことで話題を集めました。
[adidas(アディダス)]、[MACKINTOSH(マッキントッシュ)]などのコラボレーションでは、それぞれのブランドのアーカイブを使い、[ハイク]のデザインに落とし込んだアイテムが多い中、[ザノースフェイス]とのコラボレーションは少し特別な印象です。[ザノースフェイス]を代表する素材やスペックの知識と、[ハイク]のデザイン力を掛け合わせ、意見交換しながら作ったコレクション。他のコラボレーションよりも、より二つのブランドの魅力が最大限に引き出されたようなアイテムが出そろいます。様々なブランドとコラボしている[ザノースフェイス]ですが、[ハイク]とのコラボレーションに関しては、日本のゴールドウィン側からオファーをかけたという珍しい例なんです。

■ミリタリー好きもモード好きも唸らせる特別な中間地点

こちらは、コラボ第3弾の限定色であるベージュのカラー「TAN(タン)」です。ミリタリーなアイテムながら[ハイク]らしい上品で柔らかいカラーが人気で、ブラックと比べてもかなり早い段階で完売になっていました。
風を防ぐ首のデザインや、比翼になったフロントジップ、脇部分についたベンチレーション、なんといってもゴアテックスの撥水性が高い素材は、ノースフェイスの成せる技です。 そんなアウトドア・ミリタリーのスペックが満載なものでありながら、落ち感があるシルエットやボタンやジップ持ち手の細やかなディティールでは、[ハイク]らしい洗練された雰囲気が漂います。首回りのデザインは特に[ハイク]らしいデザインです。コレクションではモデルさんが軽やかな生地のワンピースやヒールに合わせていましたが、そんな風に着られる本格的なミリタリーコートって他にないんです。

このコラボレーションアイテムはもちろんの事、[ハイク]の定番アイテムであるデニムアイテムや、トレンチコート、カットソーに至るまで、その「ミリタリーとモードの絶妙な中間」加減が表れています。丁寧に、徹底的に突き詰められて作られた[ハイク]のアイテムは、毎日でも身に付けたくなるものばかり。是非Tシャツなどの定番アイテムからでも、この「絶妙!」感を感じていただきたいです。

花岡真衣

2015年入社、2017年よりバイヤー。 シンプルなデザインの中にもひと癖あるアイテムが好きです。なんでも相談したい!と思ってもらえるように、日々お客様に向き合っています。

BUYER'S VOICE

CLOSETトップページに戻る