CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン CLOSET ファッションを楽しむためのWEBマガジン

BUYER'S VOICE RAGTAGバイヤーのファッション偏愛をお届け!

RAGTAGスタッフもお客さまと同じくらいファッションが大好き。
このコーナーでは、豊富なファッション知識を持つバイヤーたちが、
自ら偏愛するブランドやアイテムをご紹介します。

私の好きなブランド、あのアイテム

JIL SANDER の
”着る人の良さを引き出す白”

RAGTAG原宿店 カスタマーアシスタント 唐 黛 

■シンプルなのにどこかおしゃれ

「華やかなデザイン、カラフルな配色」が溢れる世の中、[JIL SANDER(ジルサンダー)]は「Design Without Decoration(装飾なきデザイン)」をコンセプトに、時代に流されず、シンプルで気品に溢れたデザインを追求しており、上質な素材使い、ディテールへのこだわりが魅力です。
[ジル サンダー]はイタリアのミラノを拠点とする、ジル・サンダーが設立したファッションブランドです。ジル・サンダーが2000年に引退した後はミラン・ヴィクミロビッチ、ラフ・シモンズ、ロドルフォ・パリアルンガなどがクリエイティブ・ディレクターを務め、2017年以降ルーシーとルーク・メイヤー夫妻が手掛けています。特にラフ・シモンズが表現したミニマルで芸術的なコレクションは世界中で賞賛されました。デザイナーが変わっていっても、その洗練された[ジルサンダー]の世界観は受け継がれています。
私自身、トレンドを追いかける時期もありましたが、「10年後、20年後、まだこの一着を大事に抱き締められるか。」と自分に問いかけ、最近では「より良い自分に導いてくれる、価値があるものに投資できる人になりたい」と思うようになりました。[ジルサンダー]はまさにその想いにぴったりなブランド。シンプルで無駄をそぎ落としたデザインでありながら、でもどこか癖のあるデザイン。「心地良く感じられる着こなしをすると、とても気分の良い1日を過ごせる」と[ジルサンダー]の服は気付かせてくれます。

■[ジルサンダー]のミニマリズム美学

ジュエリーのように足首を飾るメタルアンクレットが特徴的なバレエシューズは、2018年春夏コレクションからの定番アイテムです。足首のシルバーは洗練されたミニマルデザインが光るポイントになり、取り外してブレスレットとして着用することも可能です。無駄のないシンプルなシルエットで、デイリーファッションに取り入れやすいのも魅力的です。

■一枚で決まる白

[ジルサンダー]のシンプルなデザインや上質な素材で仕上げられた白アイテムは、端正な佇まいで、都会的で洗練された雰囲気を演出してくれます。このバルーンフレアワンピースは、タックとギャザーがたっぷりと施され、動くたびにふんわりと広がります。
後ろ姿まで素敵というのもまた、隅々まで美意識をこだわるブランドの特徴。シンプルなアイテムだからこそ、丈感やシルエットなど、こだわり抜いたディテールが着たときの印象を左右します。
「目立つのは服ではなく、着る人の良さを引き出す。」という[ジルサンダー]の哲学が体感できるアイテムです。

唐 黛

2020年入社。「MONSE」、「Maison Margiela」、「christian wijnants」などが好きで、コーディネートのバランスを考えながら組み合わせをすることが毎日の楽しみです。お客様にぴったりのお洋服を一緒にお探しいたします!

BUYER'S VOICE

CLOSETトップページに戻る